魔人探偵脳噛ネウロ 2 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.48
  • (117)
  • (79)
  • (441)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1236
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088738543

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シュールという一言。現在のWJで最も面白い作品なんじゃないかと思う。ネウロと弥子ちゃんのSM漫才に釘付け(笑)最早この二人は公式カップルだ。

  • アヤの話は印象的。

  • 再読。探偵事務所からアヤの話。読み返すとこの辺りから話が面白いなー!と思う。DCSでネウロとヤコの「食べる」ことへの共通項が現れて、事務所からヤコが事件に関する人へ関わるようになり。アヤの登場で、人間に興味を持ち始める魔人ネウロ。という流れが今思うと面白いなぁ。

  • うなぎのぼり

  • すごい見下し方だ

  • ▽ひとりきりの歌姫
    第8話 高【かくど】 早乙女社長、真っ二つ
    第9話 紐【ひも】 メロン、真っ二つ
    第10話 雛【ひな】 クエエエエッ!!事務所完成
    第11話 一【ひとりめ】 アヤさん登場
    第12話 釣【つり】 脳を揺らすことができるアヤさん
    第13話 締【しめ】 ストーカー
    第14話 問【といあわせ】 ワラジムシに昇格したヤコ
    第15話 一【ひとりきり】 全国区の知名度になったヤコ
    第16話 撮【とり】 あかねちゃん。ジャンプで人を殺せるネウロ
    (2006.6.30 第7刷)

  • ネウロの意外に俗なところや、視聴率に対する認識などに笑えました。

    しかし「目は足りてるけど手が足りない」って…あれだけ一気に沢山本が読めて羨ましい(笑

  •  友人から借りる。
     刑事さんの意外な強さにドッキリ。

  • うなぎのぼり?あたぼうよ?

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

魔人探偵脳噛ネウロ 2 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

ツイートする