BLEACH 19 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社 (2005年10月4日発売)
3.40
  • (174)
  • (101)
  • (806)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 2171
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088738628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 砕蜂さんの「――何故私を…」のところ、今読んでも泣いちゃう。とても好きです。オールカラーのところ、格好いいね。斬魄刀で一番好きなのは千本桜かもしれない。綺麗だから。
    アニメの人型を含めるなら双魚理が好きだったなあ。

  • ルキア救出に成功した一護は、再び、宿敵の白哉と対峙! 白哉の放った『千本桜景厳』の圧倒的な斬撃を堪え忍んだ一護は、卍解で得た『天鎖斬月』で反撃!! 拮抗する闘いは、ついに白哉を本気にさせた…!(Amazon紹介より)

  • 「しっかり見てけよ こいつが俺の 卍解だ」

    オールカラーで激突、白哉と一護。
    卍解のシーンは名場面だわ。

  • ・vs砕蜂。夜一の過去。
    ・日番谷、真相に気が付く



    月牙天衝 登場。カコイイネ。
    天鎖斬月 登場。えらいカコイイネ。

    決着。そして織姫可愛い。

  • ああああもう。朽木白哉vs一護の闘いとか、いろいろあったはずの19巻なのに、また最後2ページ出てきただけの市丸ギンさんに心が全部もってかれた・・。悪い顔!最高!
    しかし、さんざん焦らされた朽木白哉がルキアの処刑を強行する理由が「掟を守りたいから」って。。。なんか他のキャラにも思ったけど、BLEACHは世界観とか技とかが壮大な割に、キャラの行動動機が薄っぺらいというか。別に一人ひとりの過去をちゃんと描いて欲しい訳じゃないんだけど、ここまでの朽木白哉がかなりラスボス扱いされていたんだから、彼の内面くらいちゃんと描いてくれませんか。

  • 引き続き砕蜂vs夜一さんの女の露出度対決。そして一護vs白哉ふたたび。日番谷くんは相変わらず雛森のために走り回っていて、つきあわされる乱菊さんが気の毒…。なぜかどうしても雛森には同情する気になれない。

  • 主人公、黒崎一護。
    主人公は不滅!

  • 何度も蘇ります。

  • 夜一と破蜂の戦い終結。
    一護と白哉の戦い、一護の卍解、虚化、勝利。
    合間にカラーが入っている。

    アニメで見て途中買いだした。

  • タイトル*BLEACHーブリーチー19
    作者*久保 帯人
    出版社*集英社

    ルキア救出に成功した一護は、再び、宿敵の白哉と対峙! 白哉の放った『千本桜景厳』の圧倒的な斬撃を堪え忍んだ一護は、卍解で得た『天鎖斬月』で反撃!! 拮抗する闘いは、ついに白哉を本気にさせた…!

全75件中 1 - 10件を表示

BLEACH 19 (ジャンプコミックス)のその他の作品

久保帯人の作品

BLEACH 19 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする