魔人探偵脳噛ネウロ 3 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.48
  • (108)
  • (64)
  • (404)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1169
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088738758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サイ初登場の巻。サイもまたアヤと同じかそれ以上に印象的。

  • Xが出た。

  • 最初の頃はネウロや弥子を薄っぺらく感じていましたが、だんだんと魅力的に思えるようになりました
    さらに謎だらけの怪盗X(サイ)の登場により脂も乗ってきた気がします

    空白のページの書き下ろし絵を楽しみに読んでますが、今回は若かりし頃の堀口雄三さんが個人的にお気に入り

    おばあちゃんの死に顔がインパクト大

    弥子の「高校って学食で選ぶもんでしょ?」はわたしの中では名言

  • XIから爆弾魔ヒステリア。
    ここまではジャンプて読んでたなぁ。
    ムヒョロジとのコラボは地味に好きw

  • 再読

  • 再読。シリーズ後半に作者がコメントしていた「連載がいつ打ち切りになってもいいように」という、もしかしたらサイがラスボスだったのかなーと思うと別の楽しさが。サイ出てくることで、魔人ネウロについての視点が増えていて興味深い。

  • “monster robber X・I
    海外のメディアが…率直な言葉を並べ立てて
    “彼”をそう表現したの
    その直訳がそのまま日本での呼び名になった…
    未知を表すXと不可視<インビジブル>を表すI
    つなげて読むと
    怪物強盗 X・I
    略して 怪盗“X<サイ>”!!”

    探偵事務所雑用、吾代忍。
    何という現実離れ。
    まぁ、それは魔人の時点で既にアレだけど。
    でも設定面白いなー。赤い箱とか。とんでもない角度からグロいのが飛んできた感じ。
    これからどうにでも転がりそう。
    というか性格結構楽しい。
    ムヒョもいつか読みたいなー。

    “何件か一緒に事件を解決するうちに… ネウロは少し変わった気がする
    『謎』への餓えと執着は変わらないけど…
    かわってきたのは…人間への興味
    アヤの Xの そして… 私の可能性への興味”

  • きたきたあの人が

  • ▽鮮明なる“X”
    第17話 見【みせろ】 撮り殺してやるギャハハハハハハな篠原
    第18話 箱【はこ】 赤い箱
    第19話 尾【しっぽ】 素行調査
    第20話 箱【ひと】 おばあちゃんー!?
    第21話 差【ちがい】 怪盗"X"
    第22話 X【アンノウン】 出世!!!出世!!!!
    第23話 跳【はね】 僕等は優しく…見守る タッ
    第24話 上【キャリア】 たこわさ。笛吹&筑紫登場
    第25話 爆【ボム】 ヒステリア
    第??話 外【ばんがいへん】 魔元帥
    (2006.6.30 第6刷)

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

魔人探偵脳噛ネウロ 3 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

魔人探偵脳噛ネウロ 3 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする