魔人探偵脳噛ネウロ 6 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.56
  • (106)
  • (48)
  • (303)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1000
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088741130

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 髪きり魔の話。雑誌で始めてネウロ読んだエピソード。

  • 「今の私がここから出ようと思ったら簡単な事よ
    歌いながら・・・出口まで歩いていくだけでいい」

    服役中の身のアヤさんですがとてもかっこいい。
    一緒に登場する警察官の方が囚人みたいやったw

  • 再読

  • 再読。ヤコの進化を期待し、期待外れだというネウロ。そして、必要とされる力はあるのかと悩むヤコ。二人の関係が堪らないというか。この巻の台詞回しのテンポの良さも好きだな。一途なまでに、謎を求めるネウロのストイックさが人外的と、だからこそ人間の様に弱くなって行くアンバランスさも堪らないですね。

  • “「しかし…まだまだだな」
    「何がまだまだよ!!こちとらあと少しで…」
    「対人間の交渉事は我が輩の得意分野ではない
    貴様に任せておけば…我が輩が円滑に『謎』を喰える整えておくと思ったのだが
    そのために魔界能力まで出したのだが
    結果あの程度の相手に捕らえられその救出に更なる魔力を消費した
    合計すると今回の『謎』のカロリーと差し引きゼロだ
    期待はずれだヤコよ 貴様の日付はいつになったら変わるのだ?
    …いや…もともとそこまで求めるのは…無理な話か」”

    人間を「赤い箱」に加工する世界的犯罪者、X<サイ>。
    そのXの付き人、アイ。
    なかなか意味深な…ネウロはヤコを信頼してるんだなーとかなんとか。
    話が進むにつれ弱ってく主人公って好きですどうしよう。
    ロングヘアなヤコめっちゃ可愛い。
    第45話扉絵後ろのネウロに胸ずきゅうんされた。鳥人間好きだよ本編に後に出るかな?
    アヤさんが良いキャラしてる。
    アイさんも結構好き。何か可愛い。

    “「まあ待て
    伝えてどうする?仮にあそこに殺人を計画した人間がいるとしても…
    また殺人を後日に延ばすだけだ
    『謎』を形成する悪意…とくに人を殺人に駆り立てるほどの悪意はそう簡単に消せはしない
    ヤコ 『謎』は生まれるべくして生まれるのだ
    そこには…我々の干渉する余地はない
    貴様等にできることはその『謎』の誕生を知る事だけ
    そして
    我が輩にできる事は増えて育った『謎』を…改めて喰いに行く事だけだ」”

  • 新聞記事w
    こういうのいいよね。

  • カオスな世界観とハイレベルな言語センス。大好きだ。

  • ▽髪とハサミとキリトリ線
    第44話 髪【ながいともだち】 弥かねちゃんカワユス
    第45話 噛【かみ】 百舌www
    第46話 守【かみ】 ヤコはダメ髪
    第47話 神【かみ】 髪の神www
    第48話 歌【アヤ】 脳みそボーン♪
    第49話 壁【かべ】 恋愛シミュレーションゲーム
    第50話 像【ぞう】 ミルク常備の筑紫
    第51話 月【つき】 エリザベスー!
    第52話 宿【きせい】 毛じらみとか…ひどくね?ww
    (2006.6.7 初版)

  • まだここまでしか読んでな・・・・!!
    笹塚すきだ

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

魔人探偵脳噛ネウロ 6 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

魔人探偵脳噛ネウロ 6 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする