シャーマンキング 完全版 27 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.30
  • (114)
  • (34)
  • (49)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 658
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088742298

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シャーマンキング、ラストです。
    最後は、まん太でラストでした。表紙、まん太だけに、今回は、オーバーソウルはなしね…と思ってはずしたら、心霊写真みたいに顔が写り込んでいて、ビビリました。

    しかし、週刊少年ジャンプが、あとこれだけをかかせられなかった理由っていうのは、いったいなんなんだろうと思ってしまいます。

    やっぱり、人気?

    あきらかに、今回、かききったことで、このマンガの価値は、さらに上がりました。まあ、やっぱり、駆け足だった部分は、あったのですが。それでも。

    なんか、これだけ広げたふろしきですけど、実は、全部ハオのインナースペースの出来事でしたみたいなオチにすることもできたと思います。でも、そっちに逃げずに、きっちりとケリをつけてくれたというのが、なんとも嬉しいです。

    なによりも、彼らは生きていたなぁと。そして、これからも、生きていくんだなぁと。

  • 色々詰め込んだ感はあるが、ハオの心を開放するくだりは良い感じにまとまっていて、大団円って感じがする。ハオのツンデレが良い。
    五大精霊をやっと出したけどちょっと遅すぎたからパーッと使いましたって感じで笑える。X-LOWSも今さら出す必然性ないだろ、絶対天使を描きたかっただけだろ、とか、ラザホーの宇宙の力とハオの星の力だったら言葉の上では宇宙の方が上じゃない?とか、色々ツッコミどころはあるけど、まあこういう行き当たりばったり感もシャーマンキングの醍醐味だと思っている。
    「ハオに猶予をもらったけど、結局あまり世界は変わってないな」というのが切ない。
    大人版、蓮の長髪の破壊力がすごい。他のメンバーも順当に成長している感じでみんな好きなのだが、葉の大人版だけなんかちょっと受け入れ難い。なんでだろう…自分でもよくわからないけど、葉にはなんか夢見てたんだろうか。

  • とうとうシャーマンキングになったハオ様の
    コミューンの中で圧倒的な力のグレートスピリッツの
    姿を目の当たりにする葉くんたち。

    暴走する力の中で心を失いかけるハオに
    すべての愛を捧げるオパチョ。

    みんなの愛に包まれて解けていくハオの心。
    ハオ様甘えん坊さん♡

    そして最後までオパチョはなんてなんてかわいくて心が綺麗♡
    続く先はその子供たちの物語♡

  • 最後はまん太で締めてくる、と。
    世の中の仕組みとして、最後には優しいやつが勝つようになってる気がします。まん太の勝ちです、このマンガは。シャーマン達の戦いには勝ちも負けもなかったと私は思います。

    まん太のように、目の前にいない友達のために泣ける人間がいなければ、もうちょっと薄っぺらいマンガで終わったと思います。


    恐山・ル・ヴォワール辺りは何回読み返したか分からないですね。コミックスの方は手垢付いてます。

    とにかくキャラデザインが凄い。質感出すのが巧い。女キャラ可愛い。

  • マンタリテが実質最終巻みたいなところありますが、
    とにかく本編はこれで終わり。
    最終巻の表紙がまん太だということ、
    それにおそらく誰も違和感を覚えちゃいなかったし、
    みんなたぶん当然納得したし、
    中身をみて改めて感動しただろうこと、
    そういうところも含めて、
    マンキンてすごい作品だなと思うのです。

  • シャーマンキング完結巻です。
    武井先生の描かれるキャラクターはとても魅力的で、
    読み進めるたびにストーリーに引き込まれました。

    連載が続けば26・27巻の内容はもう少し深く描かれていたのかもしれない…と少し残念に思う部分もありますが、読後自分にとってはとても印象深い作品になりました。


    また、これはあくまで個人的な見解ですが、
    作中でアンナ自身は否定していますが、彼女の人の心を読む力はなくなってないと思っています。

    恐山ル・ヴォワール以降、
    アンナは葉を信じることで力を制御しており、痛みと共に生き、自分自身への力に変えているんじゃないかと思いました。
    だからハオに見初められ、理解し合えたのでは…と思います。

    この作品に出会えて本当に良かったです。
    武井先生、本当にありがとう。

  • このマンガが万人受けするか?
    言うまでもなく,しない。

    今,連載されていて,今,読んだら,自分はこんなにも影響を受けたか?
    ない。(おそらく。)

    それでも,中学生だった自分がのめりこみ,
    人間について考え,
    思いがけず分解し,
    ここで着地を見た。

    ありがとうございます。

    え,続編?
    読むだろうなぁー。

  • 私の中ではまだ「ミカン」。早く読んで完結させたい!

  • 感動…!ジャンプはなんでこんな名作を打ち切りにしたんじゃ!!??

  • おしまい。




    死んでちゃ 楽でも 楽しくねえだろ

    なんとかなる!!!

    人を憎むことは自身を憎むこと 許せば自分も救われる

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年生まれ。漫画家、イラストレーター。代表作は『仏ゾーン』、『シャーマンキング』、『重機人間ユンボル』など。2019年現在、マガジンエッジで『SHAMAN KING THE SUPER STAR』、『SHAMAN KING レッドクリムゾン』(原作)を連載中。

「2019年 『SDガンダムスペシャルアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武井宏之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーマンキング 完全版 27 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×