屍鬼 3 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 小野 不由美 
  • 集英社
3.65
  • (69)
  • (91)
  • (172)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 1112
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088745855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大人の立場から村を守ろうとする葛藤。
    子どものの立場から村を守ろうとする葛藤。
    2つの葛藤とともに物語が進む。
    この3巻の終わりでようやく対峙すべきものが大人の目にさらされる。

    でも、
    しゅ、主人公はどっち?
    この時点での一番の疑問はそっちだったりする。

  • だんだん面白くなってきた。

  • 原作でも、ここらへんから雰囲気が変わって面白くなってきたのですが、コミック版も盛り上がってきました。
    ミステリーホラーからファンタジーになりかかるので、好き嫌いが分かれるでしょうが。

  • 正常な(?)人間が
    村内の怪奇現象の正体に
    確信をもって「出会い始める」巻。

    尾崎と結城の皮肉な接点が良い。
    尾崎の核心をついたジョークに
    傷つく結城と驚く尾崎本人。

  • ああ、なんか主人公も好きだけどあの二人のことしか頭にない!(笑)

  • 表紙^q^

  • I read.(08/10/03)

  • 主要キャラの絵はあまり好みではないんですが、とにかく話が面白い!写真をコピーしたような感じの背景が不安感をあおるというか、読んでてどきどきします。原作も読んでみたいなぁと思いつつ、続きがすごく楽しみです!☆4.5

  • これで、桐敷家ではなくて、室井家が実は吸血鬼だったりすると、けっこう意外な展開なのですが、そんなことはないの??

  • 素直に面白い。原作の面白さもあるんですが、フジリュー節の表現が良いです。
    最後の窓のシーンはぞくっとした…

全36件中 11 - 20件を表示

屍鬼 3 (ジャンプコミックス)のその他の作品

藤崎竜の作品

ツイートする