HUNTER X HUNTER26 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.02
  • (181)
  • (127)
  • (167)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 2067
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088746104

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人は、何をしてるんだろう。。

  • ナックルVSユピー・ゴンキルVSピトーの巻。

    ナックルの仲間想いな部分が作戦決行か
    シュートを助けるかで悩むことになる。
    結局突入してからキルアが言っていたように
    予想外なことがたくさん起こっていて
    秒単位の臨機応変さを求められることになっているので
    これから先どうなるかはわからない。
    唯一ヒントをくれるのが解説文のみ。

    一番の見所はなんといっても
    ゴン!
    こんなゴンは今までみたこともない。
    それほどぶっちぎれているゴン。
    不安定だ。。。
    今日まで憎い敵を討つために溜め込んでいたんだから。
    そして悲しそうなキルア。
    もしもこれがビスケとの約束のとこを思ってならば
    針を取り出したんだからもう大丈夫だと思うんだけどね。

    今まで言い忘れてたけどピトーのビジュアルって完成してるよね…
    なんていうか…えろい。
    男の娘でも女の子でもどっちでもいけちゃうのおおおおおおお!

  • コミック

  •  ゴンたちが決死の突入作戦を実施したところ、そこにはピトーがいて、人間の治療を行っていた。
     それを見たゴンは、どうしてその人間を治療して、カイトを治療してくれないのか、と怒りに震える。
     そして、そのほかの人間も交戦中。

     やたらに蟻が人間臭くなっていたので、ちょっとどうしていいのかわからなかったりもするのですが、なんというか種族間の争いは何も生まないので、切ない。
     どこも決着はまだつかないですが、すごく蟻というより人間臭い話でした。

  • 宮殿内でハンター達とキメラ=アントが交戦開始!!だがユピーと戦うシュートは苦戦していた。限界に近づくシュートを前に、何も出来ないナックルは…。一方、ゴンとキルアは、ピトーとついに対峙するが…!!(Amazon紹介より)

  • 2016/06/26

  • ピトーはグチャグチャになったお腹も治せるのね。ここら辺がジャンプに連載された時、某巨大掲示板ではマチの念糸縫合とピトーのドクターブライズのどちらが優秀かが時たま議論されていたが、わたしは縫合のみでもドクターブライズが上だと思う。マチの念糸縫合は完治するかしないかが患者の自己治癒まかせだし、変化系の発である念糸がそう長く傷口にとどまっているとは思えないからである。おそらくヒソカが両腕を完治させられたのは、ヒソカが念能力者=常人よりも自己治癒能力が高い為、念糸が消えるまでに傷口を治すのが間にあったからだろう。


  • No.271/分断
    No.272/誤算
    No.273/再会
    No.274/解答
    No.275/約束
    No.276/卵男(ミサイルマン)
    No.277/侮辱
    No.278/破壊
    No.279/脱出
    No.280/直撃

  • 一撃。

  • 蟻編のクライマックス。宮殿に突入するところから緊張感がすごい。
    ここまで空気感を描けるのは少年漫画ではほとんど例がないんじゃないか。絵の迫力でそれを表わすより、漫画として成立している部分のほうが大きいように思う。あと、ナレーションのセリフがすごく機能的で、あの辺りも”漫画ならでは”だと思う。

全71件中 1 - 10件を表示

HUNTER X HUNTER26 (ジャンプコミックス)のその他の作品

冨樫義博の作品

HUNTER X HUNTER26 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする