ぬらりひょんの孫 4 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.74
  • (53)
  • (69)
  • (96)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 1146
感想 : 30
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088746555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了

  • 立場や境遇は違っても、受けた恩は忘れない妖怪たち。
    妖怪自体の存在を忘れる人間たち…。
    といいつつ、世にはこんな妖怪をモデルにした作品が溢れてる。
    実は妖怪自体への関心は昔より高いのかもしれない。
    ただそれは、信仰というものとは違うのかもしれないね。

  • 「お主が掴んだ最後の袖はお主自身の死に装束だ」

    黒田坊活躍。
    千羽様の話かなり好き。

  • 幼女登場。

  • 四国八十八鬼夜行の玉章と対面。
    袖モギによって鳥居が襲われる。黒田坊、千羽によって助けられる。
    生徒会選挙演説応援を頼まれたリクオ。
    妖怪、犬神に狙われていることに気が付き、打つ手を考える。

  • 千羽様の話は好き。

  • 犬神は、舌ずーっと出しっぱなしで顎痛くならないのかな。 

  • リクオがかっこいいです。
    四国編...続き早く買いたいです☆

  • 四国の妖怪はすだちのおうどんとポンジュース飲んでるのが、なんか微笑ましかった(笑)

全30件中 1 - 10件を表示

椎橋寛の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×