魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.60
  • (208)
  • (34)
  • (38)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 879
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088747309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きです!ヤコちゃんの成長する様とかネウロが人間を理解しようとする様とかもう説明できないんですけどたまらない!ずっと大好きです!

  • 最初読んだときは「何だコレ?」くらいにしか思ってなかったのに
    読んでるうちにずるずるとネウロワールドに惹き込まれてしまいました・・・
    十分に楽しませて頂きました
    あとがきに対して、いやいやこちらこそありがとうございましたと言いたいくらいです

    ああもうネウロと弥子ちゃんのコンビ大好きです
    この最終巻の表紙も好き!

    ちょっと気にいらないのがアカネちゃんの正体がはっきりせずに終わってしまったこと!

    あと「完」のページが打ち切りの漫画みたいでもやもやしますがきっとこれでいいんでしょうね(^^;)

  • とにかく泣いた。一巻から読み始めたときはこんなにハマると思わなかった。

  • ネウヤコは正義です

  • そして感動の最終回。複線ちゃんと回収してしっかり終わった漫画はネウロと「鋼の錬金術師」くらいだろうな。

  • 漫画でベスト3に入るぐらい好き。

  • ほんとうにネウロだいすきです松井先生これからも頑張ってください

  • 暗殺教室の影響か本屋にこっちも並ぶようになったので連載時ぶりの一気読み。全巻通して読むと綺麗にまとまってるし、面白い。初期のトンデモ犯人たちからXi、HAL、そして6編と飽きずに読めるし!そして嘘予告を見るたびに続編ないかなーとか思ってしまう。あえてやらないほうがいいかもしれないけどね。

  • 新連載単行本発売に伴いまた本屋にネウロが置かれるようになった。
    個性的な絵で食わず嫌いになりがちだが、ジャンプの中では珍しく無駄な延長もなく、伏線もきれいに回収し、納める部分をすべて納めてすっきりと完結した作品。
    トンデモな設定、ネタなどがあるが実はかなり王道な作品であると思っている。

  • もうずいぶん前に完結した漫画なのでいまさら感はあるが、大好きな漫画なので記録。

    これは何の漫画か?と聞かれてここまで説明しづらい漫画も珍しい。というわけで、作者の言葉を借りると、この漫画は「推理物の皮をかぶった娯楽漫画」である。

    ものすごくアクの強い個性的な絵(上手かといわれると微妙)のせいで、ちょっと人には勧めにくいが、最初から最後までストーリーに筋が通っていて、主要なキャラがそれぞれきちんと役割を果たしつつ成長してどんどん魅力的になっていくから、読んでいて心地よい。クリーチャー類の造形もステキ。(てか推理物にクリーチャーがでてくる時点でもう、ね。)

    奇抜な絵のトンデモ展開漫画と思いきや、実は笑いあり涙ありの王道展開を地でいく典型的シャンプ漫画だったりもする。終盤は主要キャラの死もあり暗い展開が続くが、最後の最後は明るくまとめてくれた。

    全23巻。ジャンプでは珍しく、伏線を全回収しきれいに着地している。ぜひ一度お試しあれ。

全88件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

ツイートする