ONE PIECE 56 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.50
  • (433)
  • (172)
  • (80)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 3220
レビュー : 182
  • Amazon.co.jp ・マンガ (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088747613

作品紹介・あらすじ

イワさん達と共に、護送されたエースを追いかけるルフィ。だが、その道のりは険しく…。そして、世界を震撼させる衝撃の事実が今明らかにされようとしていた!! “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「戻っておかき食べないか」

    王下七武海に白ひげ、黒ひげ、ルフィ、囚人たち
    とあまりの惨事に逆にリラックスするハンニャバル。
    パニックの方向性が大好き♡[笑]

    軍艦に辿りついた喜びを肩を組み合って喜ぶルフィとバギー。
    敵すらもいつか仲間や協力者となって
    ルフィの輪の中で笑ってる光景は何度見ても楽しい[*Ü*]

    いよいよエースの終局、海軍本部へ。
    お前ら芋洗って待ってろ!!!ってルフィ!♡

    そしてサンジよ、お気を確かに!

  • 海底監獄インペルダウンから兄のエースを救うべくやって来たルフィだったがタッチの差で間に合わずエースはすでに処刑場のあるマリンフォードへ送致されていた。あとは自分たちが何とか脱出しようと試みるが監獄署長のマゼランの強いこと強いこと。ドクドクの実の毒の能力は触ることさえ出来ないから相手は相当戦いにくい。その毒と1番相性良かったのがmr.3のロウソクの力というのが面白い。まさに適材適所。それはさておきクロコダイルに代わり王下七武海入りした黒ひげのティーチたちがインペルダウンに現れたが、一瞬でマゼランの毒の前に倒された。どういう目的があったのか?エースを陥れた張本人はただの小悪党だったというオチなのか?それとも裏切った看守長シリュウと何かほかのもっと悪どいことを考えているのだろうか?あっさりと消えたのが明らか何かあるフラグの気がするが分からない。ともあれ自らの命を賭して戦ってくれたボン・クレー、イワンコフ、イナズマ、ジンベエらのおかげでマリンフォードへ向かうルフィたち。そこには現在考えうる限りの戦力が正義も海賊も含めて揃った。赤犬を初めて見た。そして明かされるエースの血統。ルフィとは本当の兄弟ではなかったという、驚いた。白ひげの登場。海軍+王下七武海VS白ひげ+ルフィ。一体どうなるのか?

  • 白ヒゲ登場。

  • “暴君”に飛ばされてからのストーリーにハマってしまい、
    ついに56巻も購入してしまったです。
    喜怒哀楽オールスターって感じ♪

  • エースはロジャーの息子だったのか。で、いよいよ海軍本部到着

  • イワさん達と共に、護送されたエースを追いかけるルフィ。だが、その道のりは険しく…。そして、世界を震撼させる衝撃の事実が今明らかにされようとしていた!!(Amazon紹介より)

  • インペルダウンになぜか黒ひげさんが訪問!
    この日は厄日だねインぺルダウン!

    ルフィにジンベエにクロコダイルを筆頭に脱出は進む!
    阻むはハンニャバル!
    でも、
    ルフィにボコられた上に黒ひげにもボコられる!
    最悪だな!

    久し振りにルフィと黒ひげがエンカウント!
    ルフィにはここで黒ひげを黒ひげと確認する!
    もちろん、
    エースとの因縁がありますからバトルになるけど、
    まずは、
    エース救出を優先させるようにジンベエに説得されるルフィ。
    まぁ、
    そんな黒ひげ一味もドクドクの実のマゼランにあっさり負ける。。。

    そして、
    ルフィたちのためにイワンコフもがんばるがマゼラン強し!
    もう、
    マゼランを止められないんじゃないかと思ってたらMr3ですよ!
    ローソクで毒を止めるのよね!
    ルフィはローソクで武装してマゼランとバトル!
    でも、
    押され気味ですなぁ。。。

    外に出るジンベエとクロコダイルとNo1とバギーは船を強奪!
    つか、
    強すぎますなジンベエ!
    活躍し過ぎですなジンベエ!

    船も手に入れ、
    マゼランもなんとか出し抜き、
    あとは、
    門を開くだけ!
    って、
    ここにきてやっぱりオカマかっこいい!
    ボンちゃんのお陰でインペルダウン脱出なる!
    向かうは海軍本部マリンフォード!
    かたや、
    黒ひげはシリュウに助けられ生きてた!

    海軍本部ではエースの処刑準備が着々と進み、
    七武海が構え、
    海軍大将もどっしりと白ひげを待ち構える!

    処刑が進み明かされるは、
    エースはゴール・D・ロジャーの息子だってこと!
    なんか似てないんですけどねぇ。。。
    ルフィの方がロジャーに似てないか?
    そんな中、
    現れるは四皇の白ひげです!
    と、
    戦争は57巻で!

  • そっちがロジャーの息子なのか。

  • ゾロやサンジたちとではなく、新たな「仲間」とのチームプレイが新鮮で燃える。いやー、クロコダイルかっこいいなあ。ジンベエ底が見えない強さだなあ。
    そしてそして、最後のあたりは、これからはじまるであろうとんでもない展開を予感させてくれるし、胸を躍らせてくれる。ああ次巻が待ち遠しい。

  • ボンちゃん最後までかっけえ……!!扉絵で他のみんなの様子が分かって嬉しい。
    SBSの男女逆転麦わらの一味が面白いな。この面子だとどんな冒険になるやら……。

全182件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

尾田 栄一郎(おだ えいいちろう)
1975年1月1日生まれ。熊本県熊本市出身、九州東海大学中退。A型。絵を趣味としていた父親の影響から、幼少期より絵に親しんでいた。4歳の時から漫画家になることを夢見ていたという。中学時代から本格的に漫画に取り組んできた。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始された『ONE PIECE』の累計発行部数は国内最高の3億5000万部を突破。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。
1992年下期「WANTED!」で第44回手塚賞準入選(「月火水木金土」名義)。1993年「一鬼夜行」で第104回ホップ☆ステップ賞入選。2006年『ONE PIECE』で日本のメディア芸術100選マンガ部門選出、2012年には第41回日本漫画家協会賞大賞受賞。

尾田栄一郎の作品

ONE PIECE 56 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする