銃夢(GUNNM) 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.80
  • (81)
  • (43)
  • (106)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 488
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・マンガ (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088750712

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「アリータ バトル・エンジェル」
    公開日:2019年2月22日
    今から数百年後の未来。瓦礫の山から脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女、アリータ。彼女は新たな体を与えられ、目を覚ます。しかし彼女は一切の記憶が失われていた。やがてアリータの前に、彼女を破壊しようとする様々な敵が現れる。
    キャスト: ローサ・サラザール、クリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ、エド・スクレイン
    監督:ロバート・ロドリゲス

  • ヤングジャンプコミックス

  • 電子書籍にての読了 とんでもなく面白いなと感じました。 記憶の無い少女がバーサーカーの体を持ったサイボーグとして戦う話ですが戦闘シーンがとても良くまたガリィの本能で戦闘を求めてるような描写がたまりません

  • 序盤中盤の王道バトル漫画展開はあまり好みじゃないが、巻が進むにつれ破綻なく世界が広がっていくのが心地いい。最終巻あたりはストーリーも小気味悪い?ガジェットも好き。
    何より、よくある漫画のように過去編にヨレず、仄めかすだけなのがいい。想像の余地は多いほどいい。

  • サイバーパンク漫画の走り・・・
    1991年発刊の作品なんですね。

    今も色褪せないSF漫画の金字塔。
    その作り込まれた世界観と主人公の目を通して広がっている世界に魅了されます。
    機械人形は夢を見る事が出来るのでしょうか??

  • 色褪せませんね SFはかっこいいです

    こういった人と機械の境界線ってなんだろう?とかそこから人ってなんだろう?ってテーマはSFではありきたりだけれど、見せ方は上手いよね

  • 全巻
    昔読んだ時は、面白かったが、今読むと、それほどでもない。

  • 首(脳)だけの女の子という設定は当時衝撃的だった。今読んでも十分面白い。

  • 高校くらいの時友人宅に全巻あり泊まった日に読破
    世界観は好き

    ストーリーがいまいちグダグダだった気がする

  • 最後gdgd

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

木城 ゆきと(きしろ ゆきと、1967年3月20日 - )は、血液型O型。圧倒的な想像力と、それを支える緻密な画力で、国内のみならず世界的に高い評価を受けている。主な作品に『銃夢』『銃夢Last Order』『水中騎士』など。
公式HP ゆきとぴあ(http://jajatom.moo.jp/frame.html)

「2012年 『銃夢 Last Order NEW EDITION(10)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木城ゆきとの作品

銃夢(GUNNM) 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする