銃夢(GUNNM) 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.82
  • (81)
  • (42)
  • (102)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 461
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・マンガ (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088750712

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤングジャンプコミックス

  • 電子書籍にての読了 とんでもなく面白いなと感じました。 記憶の無い少女がバーサーカーの体を持ったサイボーグとして戦う話ですが戦闘シーンがとても良くまたガリィの本能で戦闘を求めてるような描写がたまりません

  • 序盤中盤の王道バトル漫画展開はあまり好みじゃないが、巻が進むにつれ破綻なく世界が広がっていくのが心地いい。最終巻あたりはストーリーも小気味悪い?ガジェットも好き。
    何より、よくある漫画のように過去編にヨレず、仄めかすだけなのがいい。想像の余地は多いほどいい。

  • サイバーパンク漫画の走り・・・
    1991年発刊の作品なんですね。

    今も色褪せないSF漫画の金字塔。
    その作り込まれた世界観と主人公の目を通して広がっている世界に魅了されます。
    機械人形は夢を見る事が出来るのでしょうか??

  • 色褪せませんね SFはかっこいいです

    こういった人と機械の境界線ってなんだろう?とかそこから人ってなんだろう?ってテーマはSFではありきたりだけれど、見せ方は上手いよね

  • 全巻
    昔読んだ時は、面白かったが、今読むと、それほどでもない。

  • 首(脳)だけの女の子という設定は当時衝撃的だった。今読んでも十分面白い。

  • 高校くらいの時友人宅に全巻あり泊まった日に読破
    世界観は好き

    ストーリーがいまいちグダグダだった気がする

  • 最後gdgd

  • 何度読んでも面白く! なので、何度も読むため、評価はしないぜ! 読んだ時よんだだぜ! 僕の銃夢との出会いは、もっと先の6と7巻当たりだった、純白のドレスと、ナックルヘッドが小さい時に強く印象に残っている。 父親が漫画が好きで、中途半端な巻からなれど買っていたらしく、兄弟姉妹ぼくらがぼろぼろにしてしまったが、物心ついたとき、よく読んでる本のひとつであった。 つまり、小学生低学年から好きで読んでる本ってことになる、それだけ、この漫画に思い入れは割と強く。 高学年じぶんに姉が一刊から買い直し始め、一刊を読みはじめた。 なにがし、サイボーグに強く興味持てたけれど、 しっかり内容を認識するのは今になってだろう。 そういう歴史ふまえると、 実は、子供のためにあった漫画なんじゃないか? と少し思う。

全41件中 1 - 10件を表示

木城ゆきとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

銃夢(GUNNM) 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする