イエスタデイをうたって 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.66
  • (150)
  • (140)
  • (330)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 1413
レビュー : 101
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088757711

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うーん面白いじゃない。
    しかしジャンプぽくない作品だな。アフタヌーンとかっぽい雰囲気。

  • 7巻から2年弱の時を経てやっと出た8巻。ほとんど話が進んでいなくておどろく。ちなみに1巻がでたのは1999年。律儀に買ってる自分にもおどろき。

  • イエスタデイをうたって1(ヤングコミックス)
    著作者:冬目景
    集英社
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698

  • 蜀崎ェュ縲ゅワ繝ォ縺。繧?s縲√°繧上>縺?h縲√ワ繝ォ縺。繧?s縲

  • 品子はロングが似合う

  • 青春こじらせ系漫画。今6巻が読み終わったところ。キャラクターが魅力的。4巻で出てくる柚原チカちゃんが今のところ一番お気に入り。完結してるみたいなので全巻読みます。

  • 純愛もの・・・かな?
    主人公は大卒のフリーター(コンビニアルバイ)で、大学時代の友人であり、現在、学校の教師をしている「しなこ」さんが想い人。でも、向こうは異性のいい友人と想われてる。
    そして、主人公を自分が高校時代だった頃から気になってたという、カラスのペットを引き連れたハル。
    主に三角関係になるのかな。しなこは別に好きな人というか、想ってる人がいるみたいですが。
    単純そうな話で、1巻から結構、奥深いところまで行きます。
    誰を応援したくなると言えばハルちゃんです。一途で可愛い。
    主人公が、よくあるヘタレじゃないことを祈りつつ、今後を楽しみに。

  • 「羊のうた」と世界観がリンク
    人間ドラマ
    15.10.19 10-11巻up

    1-11巻 続

  • 大きな寂しさと小さな幸せがストーリーの軸。
    細かい心情の描写もいい感じ。

    でも、絵が苦手…

  • RCサクセションの曲名からとったタイトル。面白いのに、3年に一冊でるかでないかという刊行ペースに笑笑

全101件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1993年、「アフタヌーン」での四季賞受賞を経て、「モーニング増刊OPEN」で『黒鉄』の連載を開始。現在、『イエスタデイをうたって』(ビジネスジャンプ)、『幻影博覧会』(コミックバーズ)、『ももんち』(ビックコミックスピリッツ)を連載中。2008年7月より「アフタヌーン」で『アコニー』を連載再開。

「2016年 『新装版 LUNO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冬目景の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

イエスタデイをうたって 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×