GANTZ 2 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (46)
  • (47)
  • (127)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 848
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088761398

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まだわからないことだらけだ。

  • ジュニアねぎ星人を殺された怒りで大きなねぎ星人はヤクザたちをつぎつぎと惨殺する。辺りに広がる血の海。遅れて駆けつけた玄野は恐怖のあまり逃げ出すが、ねぎ星人に追いつかれてしまう。絶体絶命の危機。その時、加藤は身を挺して玄野の盾となり、切り刻まれる。加藤の無心の勇気に、遂に玄野もねぎ星人に立ち向かうが…。(Amazon紹介より)

  • ネギ星人を倒した!
    で、
    ガンツで採点されて戻ってきたよ日常に?!

    ・・・。
    そんな2巻です。
    この巻までを読んでつまらない人はあわない。
    ここまででおもしろかった人は10巻まで行こう!

  • とにかくテンポが悪くてすごいストレスがたまるという感想が1巻のころから変わらなかった。

  • スーツの力。
    ファックスから出てきた人間?

  • ねぎ星人って、どういう発想なんだか。

  • 生き残るには

  • まだまだ薄-い。これから濃くなるのかどうか。

  • ネギ。
    グロいので食事時の観賞はオススメできない。

  • ねぎ星人 (後編)

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡県出身。1992年より「変 ~鈴木くんと佐藤くん~」を週刊ヤングジャンプにて連載スタート。1996年にはTVドラマ化されるヒットを記録。2000年より同誌にてSFアクション「GANTZ」を連載。マンガの背景にコンピューターを使ったCGを取り入れたりするなど緻密な作画とスリルある壮大な展開で好評を博し、アニメ、ゲーム、実写映画化などさまざまなメディアミックスがなされた。 2014年よりイブニング(講談社)にて「いぬやしき」の連載を開始する。

「2014年 『いぬやしき(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥浩哉の作品

GANTZ 2 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする