GANTZ 10 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.60
  • (42)
  • (46)
  • (112)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 860
感想 : 27
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088764863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了

  • 小島さんとのストーリーやいじめられっ子のシーンが多い

  • 未感想

  • 小島かわいいなぁ。

  • 小島を守りながら戦う玄野は、機動隊の包囲する中、チビ星人に止めを刺す。しかし、機動隊員にも目撃されたはずの星人の存在は全く報道されない。玄野は真実が隠蔽されていることを知るのだった。そして新展開――。超能力を手に入れた自殺未遂少年・桜井、世界一の強さを求める大男・風と、続々と新たな者達が現れる。彼らもまた、ガンツ世界の住人となるべく運命付けられた人間なのか!(Amazon紹介より)

  • なんとかちび星人を撃退!
    で、
    なんでかたえちゃんとSEXしちゃってる計ちゃん。

    超能力者2名。
    とんこつも?
    鉄山靠1名。

    新しいキャラが増えてますけどガンツるんでしょうか?
    ガンツるんでしょうね。

    どうなっていくんでしょうね?

  • 桜井。坂田師匠。博多の男。

  • 小島さんは地味な登場のときから主要人物になる予感がした。

  • 守りたいもの

  • くろのくん。。。
    別に相手はタエちゃんじゃなくても、岸本でも観音に殺された娘でも良いんだけど
    人のぬくもりや当たり前の幸せに触れて、
    だんだん生身の人間らしさを取り戻していく様がすごくいい。
    これ以降のくろのくんの内面的な成長に期待。

    #観音辺りまでは戦ってる方も星人も目に見えなそうだったのにいつの間にか見えてるし。。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡県出身。1992年より「変 ~鈴木くんと佐藤くん~」を週刊ヤングジャンプにて連載スタート。1996年にはTVドラマ化されるヒットを記録。2000年より同誌にてSFアクション「GANTZ」を連載。マンガの背景にコンピューターを使ったCGを取り入れたりするなど緻密な作画とスリルある壮大な展開で好評を博し、アニメ、ゲーム、実写映画化などさまざまなメディアミックスがなされた。 2014年よりイブニング(講談社)にて「いぬやしき」の連載を開始する。

「2014年 『いぬやしき(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥浩哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×