傭兵ピエール 2 (ヤングジャンプコミックス)

  • 集英社
3.38
  • (2)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088767857

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 肩に矢が刺さるシーン、映画のジャンヌダルクでもあったな〜

  • どんどんカリスマ性をまとっていき、フランス軍の志気をあおるジャンヌ・ダルク。
    シャルル7世がなかなか登場しないと思ったら、戴冠式の場面でようやく出てきました。無気力な馬面と称されている、くすんだキャラクターでした。

    戴冠式後にジャンヌと会ったピエールは、彼女のオーラが失われたことに驚きます。
    ここからまた新たな展開となっていくのでしょう。
    たくさん登場人物が出てきますが、キャラクターの性格がはっきりしているため、話に取り残されることはありません。

    絵に慣れると、この線の多いタッチこそが、作品にぴったり合っていると思えてきます。
    マンガもかなり読みごたえがあるし、まだまだ続きがあるので、原作はよっぽど本腰を据えて読まないといけないなと思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

佐藤賢一

一九六八年山形県鶴岡市生まれ。九三年「ジャガーになった男」で第六回小説すばる新人賞を受賞。九八年東北大学大学院文学研究科を満期単位取得し、作家業に専念。九九年『王妃の離婚』(集英社)で第一二一回直木賞を受賞。『小説フランス革命』(集英社、全一二巻)で第六八回毎日出版文化賞特別賞を受賞。他の著書に『カエサルを撃て』『剣闘士スパルタクス』『ハンニバル戦争』の古代ローマ三部作、モハメド・アリを主人公にした『ファイト』(以上、中央公論新社刊)などがある。

「2020年 『ファイト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤賢一の作品

ツイートする
×