ABARA (上) (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.59
  • (67)
  • (64)
  • (119)
  • (23)
  • (5)
本棚登録 : 601
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088770888

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新装版で読んだ。

  • 細かい説明なしで読ませるのがSFとして上質なんじゃないか、と思う。専門知識があろうがなかろうが読者を魅了出来るてこそなのがSFと言うジャンルじゃなかろうか。

  • 下巻を読まねばまだ分からぬ

  • BLAME!で感動したあの「わけのわからないかっこよさ」を期待して読んだら正直がっかり。

    ストーリーはBLAME!より全然わかりやすかったけど、キャラの魅力が全然感じられなかった…。世界観も同先生の他作品に比べると甘いというかなんというか。

    物足りない感じです。多分、弐瓶ファンじゃなかったら「意味わからん」で何の印象もなく終わる気がする・・・

    ↓ここ読んだらやっとわかった、っていう部分がいっぱいありました・・・
    http://wikiwiki.jp/comic-story/?%A3%C1%A3%C2%A3%C1%A3%D2%A3%C1

  • <全巻読破>読んでも読んでも何だかよく理解できなかった。Wikiを読んで初めて理解できたような気が(でもそれって読み物としては致命的なような)。絵は独特で好きなんだけど、キャラの表情に幅がなく無表情に見えてしまうのが残念かなと思う。

  • 相変わらずわけわかんねぇw

  • 1、2巻読了。
    相変わらずの広がり感の描写がたまらない。
    バトルも今作が一番人間臭くていいんじゃないかな。

  • 上下巻読了。二巻で説明しきるにはちょっと無理があるんじゃないか?相変わらずダークな世界観とキャラクタは非常にかっこええが。

  • あっという間に終わった

  • 「白と黒の闘いそして世界」
    そこには巨大な廟がある世界。
    白奇居子(シロガウナ)の殺戮に、
    どうしようもないヒト。
    弐瓶勉先生の独特な世界。
    人類とはかくも無力な生き物なのか。

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年生まれ。男性。福島県郡山市出身。代表作に『BLAME!』『バイオメガ』『シドニアの騎士』など。1995年、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトム氏のアシスタントを務めた後、『BLAME!』の連載をスタート。『シドニアの騎士』を経て最新作『人形の国』を「月刊少年シリウス」で連載中。

「2018年 『1/1スケール タイターニア自動機械形態 組み立てキット付き 人形の国(3)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ABARA (上) (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

弐瓶勉の作品

ABARA (上) (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする