孔雀王曲神紀 01 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.14
  • (4)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 61
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088771304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これ自体が、7、8年前にはじまって、もう終わっているという孔雀王の新シリーズ。
    そして、少年・孔雀が活躍する新シリーズが、はじまっていたという……。

    前の「退魔聖伝」シリーズは、完結してなくて、でもあれの続きはさすがにかけないだろう、これは、完全な仕切り直しだとばかり思っていたら、続いていました。
    続くのか、凄い。
    でも、このしつこさは嫌いじゃない。

    「孔雀王」といえば、退魔もののハシリですよねぇ。
    闇狩り師からのパクリ問題とか、懐かしいな。

  • ストーリー:7 画力:8 魅力:8 デザイン:9 構成:8 表現力:8 独創性:7 熱中度:8 センス:8 感動:8 総合:79

    現在、孔雀王のシリーズで一番最後の作品です

    絵柄は・・・少し前の方が好きでした
    個人的に、「よくある上手くなる事で絵柄の良さを失ってしまうパターン」な気がします
    一番初期の孔雀王から比べると、随分絵柄もしっかりしてきましたし絵柄自体が変わりましたが、一番魅力的な絵柄だったのは退魔聖伝あたりでしょうか・・・

    ストーリーについては、何やらトラブルがあったようで打ち切り的な状態になり、後半の進行が変な感じになって終わってるような印象があります
    もう少し続いて欲しかった事もあり、終わり方がかなり切羽詰った感じというか・・・適当に終わってしまった感じなので残念です

    また、落ち着いたら孔雀王シリーズの続編を描いてほしいところです

  • 無印と退魔聖伝がもう1回欲しくなった。

    07/11 5巻
    海峰・朋子に続き遮那登場!
    遮那って義経やった時の奴だよな?

    08/03 6巻
    08/08 7巻
    08/11 8巻
    09/03 9巻

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

荻野真(おぎの まこと)
1959年5月26日、岐阜県生まれ。名古屋大学理学部を中退後、集英社「ヤングジャンプ」編集部への持ち込みを経て1985年『孔雀王』でデビュー。同作で集英社青年漫画大賞を受賞。
『孔雀王』シリーズ以外の作品に『ALGO』『暁星伝奇・真魚』『夜叉烏』『小類人』『拳銃神』『おぼこ』『怨霊侍』『15の春』『サルビアの海』など。
2019年4月29日、腎不全のため死去。享年59。

「2020年 『孔雀王 <漫画原稿再生叢書>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荻野真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×