BIOMEGA 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.85
  • (84)
  • (61)
  • (97)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 645
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088772103

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作品は、主人公が何者か、何をしているのか、なんでそんなことしているのかなんてところがわかりやすいですね。(普通、こういうことははじめに説明してから始まるものですが(^_^;)。)そういう意味で、BLAME! などに比べてとっつきやすいです。
    しかし東亜重工とか、死なない主人公とか、武器は銃とか、その辺は他の弐瓶勉作品でお馴染みのものが出てきて、ある意味安心して読めます。また、格好いいバイクが出てきますね。これまた AKIRA みたい。
    そして最後は銃でミサイル撃っちゃいましたよ。銃って言っても普通の銃じゃありませんが、この辺の発想が素晴らしいです。
    N5Sウィルス適合者とそれを追う庚造一。次はどうなるんでしょうか。

  • 二瓶さんの作品はAIだろうがサイボーグだろうが根っこの部分には人間らしさが残っていて、表に感情は出てこないんだけどヒーローとして素晴らしくかっこいいキャラクターが描かれているっていう魅力があります

  • ウイルスにより人々がゾンビのようになってしまう大災害に見舞われた未来のストーリー。

    BLAME!に比べて難解さがちょっとだけマシになっていてかなり読みやすかった。絵柄のぐちゃぐちゃ感も少々マシに。

    相変わらず骨太のSFという感じでかっこいいです。ストーリーの基本の部分「ウイルスで世界滅亡の危機→実は人為的なもの」というところこそベタですが、そのベタなはずのストーリーが独特の発想と重厚感でものすごくかっこよくなってます。

    クマがかわいすぎる・・・
    バイクもかっこいいです。欲しい。

  • 時は西暦3005年、7世紀ぶりの火星有人飛行に成功した人類。その帰還中に、地球軌道上で探査船が大破。未知のウイルスに冒された乗組員の遺体は、軌道上に放置されたまま、地上にウイルスをまき散らしていた…。そのウイルスは、人間の外見を変え、自我を失わせる恐ろしいウイルスだった。

    スケールのでかいSF作品。独特の雰囲気がなんとも言えない。SF好きには特にオススメ。

  • 絵が印象的な漫画。

  • 熊の顔www

  • 完結
    帯の宇多田ヒカルのコメント「弐瓶さん天才過ぎてついていけないw」が
    確かにーと言う感じ。
    難しさは感じるけど結構好き。
    よく分からないまま完結。

  • 始めて読んだ弐瓶作品。ジャケ買いだったけど、1冊読んで次の日に全巻買いに行ったぐらい面白かった♪ でも理解できない所も多くて好き嫌いは分かれるかも…

  • はじめて読んだ時あまりに説明が無くビックリしましたね
    ですが、重二輪がカッコイイ!!銃がカッコイイ!!造一カッコイイ!!メカカッコイイ!!であっと言う間に夢中になりました

    スケールがすごく大きいですが物語のきっかけがなかなかロマンチック

    後半がいまいちと言う方もいますが私はあの最後は大好きです

  • BLAMEより遥かにソフトで、シドニアより遥かにハード。才能を感じる至高の漫画。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年生まれ。男性。福島県郡山市出身。代表作に『BLAME!』『バイオメガ』『シドニアの騎士』など。1995年、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトム氏のアシスタントを務めた後、『BLAME!』の連載をスタート。『シドニアの騎士』を経て最新作『人形の国』を「月刊少年シリウス」で連載中。

「2018年 『1/1スケール タイターニア自動機械形態 組み立てキット付き 人形の国(3)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BIOMEGA 1 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

弐瓶勉の作品

BIOMEGA 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする