皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)

  • 集英社
4.10
  • (302)
  • (113)
  • (224)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 1414
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・マンガ (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088773575

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだまだ読みたかったけどここで打ち切り完結だそうで…
    これまでと再開を期待して星五つ。

  • 色々揉めての打ち切りらしいですね…本当に残念です。

    かなり好きな漫画でした。ただの戦記物かと思いきや導術や龍などファンタジー展開も豊富で、こんなとんでも設定なのにやってることはリアル極まりないという…

    難しいとは思いますが、続きを連載してもらいたいですね。原作未読組としては、何としてもこの続きが読みたいものです。

  • いろいろ揉めて打ち切り。ほんとうはもっとこのあとの展開のほうが面白かっただけにもったいない。原作の面白さをコミカライズすることで何倍にも面白く表現していただけに本当に惜しい。

  • いろんなとこで書かれている「こんなとこで終わった打ち切り」ってこういうことかと。

    俘虜解放手続きのバルクホルンとロボフとのやり取りが泣ける。

  • 打ち切りの理由が理由なので再開は絶望的でしょうがそれでももっと知名度あがって人気になれば続きがでるんじゃないか・・・とふっと思ってしまう程の完成度です。本当に続きでて欲しいです。

  • 4巻までで戦争は終わってしまったので、この5巻は地味な内容になっている。
    新城とユーリアの会談など面白いシーンもあるが、戦闘がないので退屈。
    戦後処理や社会情勢なんかが淡々と語られるが、漫画版はこの5巻で終了なので、舞台背景を知ったところで意味がない。蛇足もいいところだ。
    ちなみに、原作である小説版は9巻までが出版されていて、漫画版の1~5巻は、小説版の1~2巻に相当する。たぶん。
    原作ではまだまだ新城の物語は続くようだね。
    ちょっと小説版のほうを読んでみたくなった。

  • 原作者を恨まずにはいられない作品。ほぞを噛む。クソがあ!!!
    名作になるところがとんだ知り切れトンボだぜ。

    かっこいい。
    とりあえず原作を待つしかないが、
    伊藤さんの味があってこそだぜこの緊張感はあ。

    人に薦めたいのに薦められない悲しい漫画。

    シュトヘルもいいけど伊藤さんの新城が好きだったよー!

  • 続編漫画化、今でも待っています…!

  • コミカライズでここまでやるか!!おもろい!

  • 全巻通しての感想。
    主人公から恐怖との付き合い方を学べる。諦めないことって大事。

全110件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1964年生まれ。『皇国の守護者』(中央公論新社)などの著書多数。富士見書房では、シリーズ累計300万部突破の大ヒット作『学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD』の原作を担当

佐藤大輔の作品

皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)を本棚に登録しているひと

ツイートする