キングダム 8 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.18
  • (94)
  • (93)
  • (42)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 870
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088773612

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 政の過去篇(少年時代)がまさか秦ではなく趙で死にそうにながらも生活していたとは
    紫夏含め亜門、江影の人柄の良さが際立っていた話だった

  • 面白い。紫夏の話は感動ですね。いきなり何?て感じだったけど、内容、長さ、タイミングとも素晴らしい。引き込まれる。さらに、その後は急展開。(良い意味で)息つく暇もない。次巻が気になります。

  • やっと明らかになる政の生い立ち。
    愛情を受けずに育ったなんて‥
    紫夏が初めて優しくしてくれた人だったんだ。
    幼いながらに激を飛ばす政がすごくいい。
    若き壁を見つけてうれしくなった。

    そして久しぶりの信と政の対面なのに修羅場~

  • 政の過去について
    紫夏の手を差し伸べる優しさや強さに胸を打たれた

  • 泣いた~~!!
    秦の大王・政の知られざる壮絶な過去が明らかになる巻
    敵地から脱出させるため、命をかけて政を守った紫夏
    もう涙なしには読めなかった~~

    9巻に続く!

  • 表紙にある通り、
    嬴政、趙から脱出するの巻
    +嬴政暗殺未遂
    始皇帝が主人公の一人だとこの辺は安心して見られるあたりだね。
    まぁ、入れ替わってましたとかで殺してしまうこともできる気はしますが。。。

  • 再読。政の幼少期を見る。紫夏さんに合掌。自分が受けた恩恵を、渡した人にそのまま返すのではなく、他の人に受け渡すことを「恩送り」と言うそうで。忘れないようにしたい。
    国同士の戦争の後は、国の内部で起こる政争。政に向けて放たれた刺客の中には羌瘣の姿もあって…?羌瘣の正体が明かされる。次巻も楽しみ。

  • comic
    bookoff

  • 政の過去。
    心、痛みを戻した政は、必ずや立派な王になるだろう。

    王宮での暗殺事件。
    未だに自国内にも反乱勢力は残るのか。

    百将に出世した信は、しっかり政を守ってほしい。

  • コミック

全51件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐賀県出身。2003年、第23回MANGAグランプリにて読切『覇と仙』が奨励賞受賞。2006年、週刊「ヤングジャンプ」9号から『キングダム』を連載開始。2012年にはNHKでTVアニメ化、2013年には第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。デビュー前の職業はシステムエンジニア。

「2018年 『武器を磨け』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キングダム 8 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

原泰久の作品

キングダム 8 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする