ハチワンダイバー 5 (ヤングジャンプコミックス)

  • 集英社
3.66
  • (34)
  • (36)
  • (75)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 508
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088773636

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最近ひとりハチワンダイバーごっこをしています。
    おもしろ!!

  • さらに上が出てくる。
    リベンジ編、そっから師匠登場。

    ……もう登場の仕方とか、この作者独特のノリだね。
    いつもながら意表をついてくる。

    さて、将棋自体の話をしてないけれど、ほとんどが過去に武勇を誇った戦法。
    独特なんだよね。雁木もそうだし、三間飛車も中飛車も。
    そういうのは独特の人間臭さを出すし、こういう物語にはいい。
    意外だけど、将棋の戦法の多さ、奥の広さってのはあるし、
    そこをうまく出している点は確かに評価できると思うよ。

    ……将棋って地味なんだけどね。

  • 繧ュ繝ェ繝弱?蟶ォ蛹?縺ァ縺ゅk貔??縺輔s逋サ蝣エ縲ゅ∪縺輔°縺ョ荳蛾擇謖?@縲ゅ◎繧後↓縺励※繧ゅ?√?檎┥閧峨?蟆?」九§繧?↑縺??繧医?阪↓隨代▲縺溘?

  • 電子書籍にての読了。斬野とのリベンジマッチを見事勝利に収めることの出来た菅野だったが斬野の師匠だという男と菅野、みるく、斬野の三人との三面打ちを行うところまで三面打ちヒカルの碁ぶりに見たなそれにしてもキャラも濃いし喧嘩も強いと来て良いキャラしてるなと感じました。

  • リベンジ。妹のクル。

    VS斬野の師匠の澄野。

  • 新キャラ登場。面白い位皆表情筋が動かない。

  • 肉将棋したい。・・・将棋しらんけど。

  • 勢いと雰囲気だけのマンガという気もします。

    でも、たとえ「それだけ」のマンガだとしても、それがないマンガよりも、多分、数倍面白くてパワフルです。

    そして、この人たち、かわいい。

    またまた、息をつかせずに(濃く)展開していきます。

    今回は、受け師さんも将棋を指しているので、この人の謎にちょっと迫れるのかな?

  • TUTAYAレンタル

  • 1〜5巻までレンタルコミックにて読破。
    早く続きがみたいな〜。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年、北海道出身。1992年に「ヤングアニマル」にて『谷仮面』でデビュー。その後、同誌にて『エアマスター』の連載を開始し、TVアニメ化もされる大ヒット作品に。その後「週刊ヤングジャンプ」にて『ハチワンダイバー』の連載を開始。2008年版オトコ編「このマンガがすごい!」で1位を獲得、さらに同年にTVドラマ化もされるなど大ヒットとなった。現在、コミックDAYS月曜日枠で『ブルーストライカー』、月刊ヒーローズにて『東島丹三郎は仮面ライダーになりたい』を連載中。将棋の腕もプロ級であることが知られている。

「2019年 『ブルーストライカー(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田ヨクサルの作品

ツイートする