未来歳時記・バイオの黙示録 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.80
  • (29)
  • (25)
  • (40)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 265
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088774848

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度目かの読み直しにつき記事編集。
    SF短編連作。
    進歩し過ぎたバイオテクノロジーの悪影響で、
    人間の中に他の生物の遺伝子が入り込み、
    ヒトが単なるヒトではなくなっていく未来の世界。
    最初のうちは
    軽いギャグに「フフフ」なんて笑っていられるんだけど、
    読み進めるにつれてどんどん怖くなっていきます。
    それにしても、人魚の少女がカワイイ。

  • コミック

  • SFのようでSFと思えない。近い将来、こんな時代が来るのかもしれない。という不思議な感覚と恐怖。
    とりあえずアナウンサーのマスミが終始気になる。

  • マンションで読む。俺には無理。それ以外に感想はない。それだけです。

  • まあさすがにここらへんは創造力に翳りがないわけでない。でも「野菜畑」好き。

  • 生物遺伝子の奔流が世界を溢れさせ人類は種という概念を失った。砂漠に落ちたDNAは暴走して人間は崩壊した。バイオとは生物、それは脂肪、もしくは死亡のかたまり。

  •  

  • 不気味な……。
    でも、後に、(笑)って、つけたくなるんだよなぁ、諸星 大二郎って。

    1番良くわからないのは、ニワトリの話だな。
    あと、アナウンサーのマスミが、なんでボディコンなのかも、謎だ(笑)

  • バイオ戦争後、遺伝子が狂い始めた。
    動物と野菜の掛け合わせ、人間と野菜、人間と動物・・・
    そして人間の支配から機械が逸脱しはじめる。

    諸星大二郎らしい作品で、とてもよかったです。

  • バイオテロのせいで人間と動植物の遺伝子が交じり合ってしまった未来っていう設定にすでに脱帽。
    短編集に見せかけて、最後は一気に1つの話にまとまっていくのもびびった。
    人間鳥と人間植物が色っぽい。

  • 手塚マンガのような読後感はテーマがテーマだからかな。

  • 諸星大二郎強化週間実施中、第二弾。
    感想はこれから書く決意

  • 帯に「恐怖と笑いの混沌劇」とありましたが、恐怖のほうが9割以上でした。諸星大二郎、何故今まで読まなかったんだろうって感じ。

  • 久しぶりに買った諸星大二郎。
    やっぱすごいわぁ。
    こんな世界を作り出せるって、いったいどんな頭をしてるんだろう。
    日々どんなことを考えてるんだろう。
    他のマンガではケチュア語とかボルヘスのことも出てくるから、ものすごく教養が深いんだろうな。
    手塚治虫のマンガもそうだけど、諸星大二郎を読むと、マンガが出来ることの可能性の広さに驚くばかり。
    表現の可能性かな。こんなこともできるんだ!って。元気出る。
    憧れる!!

    生態系が壊れてしまった未来の地球。
    遺伝子が混ざり合って、人間の顔をしたトリや、人間の姿をした植物や、オオカミの姿をした人間がいる世界。
    また過去の「バイオ戦争」によってすべての人に別の生き物の遺伝子要素が濃く出る可能性がある。
    薬で抑えたりでするが、「あれ」が出ると人間ではなくなり、荒れ地に出なくてはならない。
    肉食動物の「あれ」が強くでたもの。
    草食動物の「あれ」が強くでたもの。
    「あれ」の出方で生き方が変わる荒れ地。
    ヒョウになっちゃった妻に、ウサギの夫は食い殺されたんだろうか・・・・。
    遺伝子で生物としての性質は変わっても、心はせめて人間で、と祈ってしまった。


    科学が発達して、遺伝子操作も容易にできる時代。
    商品改良のための掛け合わせが簡単にできる時代になったからこそ、生物の「固有さ」も薄れてしまっていく気がする。
    未来の地球の行く末を想像して怖くなった。

    個人的にアンドロイドのサトルくんに感情移入。

  • 近年の諸星作品では一つ抜けてる完成度だと思う。
    今でもこういうのが描けるなんて本当に凄い。

  • 最新作。ニワトリがしゃべる話はマジで怖いw

  • 諸星大二郎の最新刊(2008/11現在)

  • 諸星大二郎に環境漫画を描かせたらこうなるのかという……気持ち悪いけどやっぱり面白い。

  • 遺伝子操作の乱用で、生物の遺伝子が無秩序に入り混じるようになった世界が描かれている。
    収穫量を上げるため、農園では家畜と野菜の掛け合わせ品種が栽培され(ブタジャガとか)、鳥が人の言葉を喋る。
    しかし、人間の予期せぬ所にも影響が出始める。魚に耳が生え、雑草が人間の形をとる。…果ては、人間に他の動物の遺伝子が発現するようになる。
    そんな世界の短編集。
    養鶏場と幕間劇の「サトル」シリーズが面白い。
    最終的に人間も動物の生体に戻っていく。「生物都市」の原点回帰ともいえそうな作品。
    私たちはどこへ行くのでしょうか。

全21件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2019年 『漫画家と猫 Vol.1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

未来歳時記・バイオの黙示録 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

諸星大二郎の作品

ツイートする