ローゼンメイデン 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.86
  • (180)
  • (158)
  • (238)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1880
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088775661

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ローマ字表記の「Rozen Maiden」の続編で、並行世界のジュンの日常に大きな変化が訪れるところから、新たな物語がスタートします。

    大学に入学し、本屋でアルバイトをはじめたジュンは、あいかわらず周囲の人びとに溶け込むことができず、自分の居場所がないという思いに苛まれています。そんな彼のもとに、中学生だった自分からメールが届きます。中学生のジュンは、雪華綺晶との戦いで「nのフィールド」に閉じ込められ、そこから大学生のジュンに助けを求めます。大学生のジュンは、真紅の人形を組み立て、そのねじを巻くことで、分岐してしまった二人のジュンの運命が交錯することになります。

    中学生のジュンにくらべると、大学生のジュンはなにか弱々しさを感じさせる、悩める青年です。周囲に対して壁を築いてかかわることを拒絶していた中学時代とはちがい、自分の等身大のすがたが見えるようになった結果なのかもしれません。ちょっとがっかりする反面で、ある意味ではマンガやアニメなどによく登場するなじみのあるキャラクター設定なので、安心感もあります。

  • ついに始まった新ローゼン。
    存在を忘れかけていたけど、ブックオフで見かけたので購入。

    話は、まかなかったジュンが大学生として生活しているところから始まる。
    ……というか、のっけからこの分岐をうまく使ってくるあたり、すげえと思うわ……。

    そして、まいたジュンからまかなかったジュンへメールが届き……相変わらずのノリを出してきます。
    それはまあ、普通に読んでれば楽しめる部分。

    それにもまして、脇役が精神的にきっつい科白を主人公に吐くあたりが、物凄く重く感じる。
    これは旧作でもかなり散りばめられた「ローゼン〜」の魅力でもあるんだけど、
    本作でも相変わらずで、流石だな……。

    まだ1巻ということで、どきつい流れでもなく、ゆっくりながら作品に入っていきます。
    旧作を知っていても、知らなくても一応読めるかな。
    すこし省いてる節があるから読みづらいかもしれない。
    知っていたほうが深みが出るのは当然なんですけどね。

  • コミック

  • 最後は結構良いのでカタカナになってから読んでない人は是非。

  • 【レンタル】アニメDVDを観ただけなので、“巻かなかった世界”に興味があってのレンタル。うん。全然わからない。話が見えない。さくさく続き読もう。

  • ドールの話より主人公の男子のエピソードが普通に面白いと思った。
    逆にドールの話がめんどくさく感じる‥。
    バイト先のチャラい店長がクズすぎてむかつくけどそれがいい。
    絵柄も変にキラキラしてなくて読みやすかった。

  • まかなかった世界で生きるジュンって設定がおもしろいな。

  • アニメ化に伴って再読。
    まかなかったジュンが大学生って、それくらいが面白いのもあるけど、連載開始からの実経過時間考えたら大学生になるのか。

    可能性を無くした世界、とか前のシリーズの中断移籍を上手く使ったなぁ。
    斉藤さんと接する前後で評価が変わったり、店長の突然の煽りも何ともリアルで。

  • まかなかった世界の話.また雛苺たちがジュンの部屋でわーきゃー遊ぶ話が読みたいなあと思ったけどそういう話ではなさそう.

全88件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

PEACH-PIT(ピーチ・ピット)
「千道万里」、「えばら渋子」による二人組女性漫画家ユニット。千道は主にシナリオ・プロットを、えばらはネームを担当し、作画は両人とも行っている。
代表作に『ローゼンメイデン』『ZOMBIE-LOAN』『しゅごキャラ!』。

PEACH-PITの作品

ローゼンメイデン 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×