ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.12
  • (235)
  • (217)
  • (132)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 1931
感想 : 151
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088777313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アニメで素敵なもふもふガチムチ狐様に惚れてしまい原作にも手を伸ばしました。日常和風系S(すこし)F(ふしぎ)マンガ!でかい獣人と少女大変美味しいです……こ、これだよ私が求めていたものは。銀の相方の行方不明の金さんがどう絡んでくるの……なんだか鬱展開になりそうでS(すこし)F(ふあん)。女の子三人も友情も可愛らしくみててホヤホヤしますなぁ。取り敢えず、船橋さんの子持ちの熟女感やばい。

  • 稲荷神社の跡取り女子高生とツンデレ気味なお狐様のお話。イチャイチャしすぎだ…!
    基本おきつね様とのイチャイチャモフモフをニヤニヤ楽しむ感じ。
    ところどころ、グッとくるセリフがあります。金次郎も気になるなあ。消えてないといいな。
    ああもう銀太郎のモフモフ尻尾にくるまりたい…

  • 本屋でみつけて衝動買いしてしまいました。。。
    舞台は稲荷神社
    一人娘で宮司跡取りのまことと神使の銀太郎との、やさしく温かい内容のマンガです。

    神社の作法・行事・由緒などなど、結構勉強になる内容が豊富で満足の作品でした!

  • ぎゅうう

  • 1-3巻

  • 神社に祀られている狐の神様・銀太郎が見える十五代目跡取り・冴木まことが中心のハートフルコメディ。
    神様の由来だとか神社の由来だとかそういうのを絡めて、まあ安定した感じで話が進むねー王道だねー的な。★3.5くらい。

  • 読書録「ぎんぎつね1」4

    著者 落合さより
    出版 集英社

    p18より引用
    “ちっ どいつもこいつも未来の事なんて
    誰にも解りゃしないのに
    困った時だけ神頼みかよ
    カンベンしてくれ”

    目次から抜粋引用
    “十五代目と銀太郎
     神使の役目と人の性
     譲り合うように
     神様のいる所
     いろんな神使”

     稲荷神社の十五代目跡取りである女子高生
    を主人公とした、日常系ファンタジー漫画。
     神社の跡取りであるため、神の使いを見る
    ことが出来る主人公・冴木まこと。神使・銀
    太郎の好物と引き換えに、頼み事をするのだ
    が…。

     上記の引用は、主人公・まことに頼まれた
    占いの結果が上手く行かず、まことに当たら
    れた時の神使・銀太郎の台詞。
    都合のいい時だけ頼っても、助けてもらえる
    ことは少ないのは、人間同士なら普通のこと
    なのではないでしょうか。相手が神様だから
    といって、普段何の関わりもない相手に無理
    は言わないほうがいいかもしれません。
     どこにでもありそうな日常のようで、神の
    使いが当たり前のようにいて、それを周りの
    人が受け入れている、穏やかで雰囲気のいい
    良い作品です。

    ーーーーー

  • コミック

  • 表紙にジブリ臭を感じて買うのを見送ってたけど、3巻まで出たなら面白いだろうと思って購入。

    父親ナイス!
    銀太郎が獣人じゃなかったら没ってたらしいですな。
    本編ハートフル若干コメディで面白いです。

  • 12巻まで読了。


    10巻の表紙と中表紙は、あの「ちはやふる」で奏ちゃんが千早に話してた"ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 ~"の話を思いだしてしまいました。

全151件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2008年、「ウルトラジャンプ」(集英社)3月号に掲載された読み切り『ぎんぎつね』でデビューを果たす。神社の一人娘・まことと神使の銀太郎を中心とした登場人物たちの触れ合いを描いた同作は、同年6月に再び読み切りでの掲載を経て、2009年6月号より連載を開始。現在も「ウルトラジャンプ」誌上で好評連載中。

「2016年 『ほいくの王さま(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

落合さよりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×