PEACE MAKER 4 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.84
  • (27)
  • (68)
  • (43)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 704
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088777498

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サンドタルカスの激闘をくぐり抜け、マウントタルカスに辿り着いたホープたちを新たな敵が待ち受けていた。超人的な能力で一瞬にして100人以上の人間の生命を奪うという最も残虐な“深紅の処刑人”ピーター・エンフィールド。かつてない強敵を相手に、一体ホープたちはどう戦い抜けるのか…!?(Amazon紹介より)

  • 一対一の早撃ち勝負に生活と命を賭ける決闘者達が存在する西部劇風の世界を舞台にしたロードムービー物。
    表紙にもなっているピーター・エンフィールドとの決闘とそれに纏わる人々の動きを書いている。
    各キャラの動きによって二転三転する物語や、その中でそれぞれが意思と決意を固める様子がとても印象的。

  • 武器商人の陰謀によるらしき謎に巻き込まれながら旅をする銃士の話。

    皆川さんの、普段は頼りなかったりもするけれども、何かのアイテムによるスイッチが入ると最高のパフォーマンスを発揮する主人公の典型のようなピースとその仲間たちの話。
    街を巡って、パーティそれぞれの因縁を片付けつつ、クリムゾンの謎と、それぞれの目的を進めていく感じ。
    4巻は、毒香使いとの戦い。ピースはもうひとつ出番なし。
    コニーさんが何か良い感じ。

  • 読了。

  • 主人公、活躍しません。(笑)

  • 岡山などを舞台とした作品です。

  • 皆川亮二

  • 構成はアームズと似てるけど、これはこれで面白い。ガンマンってのもカッコイイ!

  • 黒調香師の話。フツーに戦っても強いと思うけどなー。
    コニーのまっすぐな行動が結構好き。これからもどっかで出てきてくれそう。

  • ビートとピーターの一騎打ちが素晴らしい。萌えキャラにチャレンジしようとしてるところも少しうかがわれる

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

千葉県出身。漫画家。1988年『HEAVEN』で「少年サンデー」にてデビュー。『ARMS』で第44回小学館漫画賞を受賞。2019年現在、「ゲッサン」にて『海王ダンテ』を連載中。代表作の一つである『スプリガン』のアニメ化が決定している。

「2019年 『SDガンダムスペシャルアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

PEACE MAKER 4 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

皆川亮二の作品

PEACE MAKER 4 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする