ぎんぎつね 6 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.15
  • (73)
  • (86)
  • (39)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 744
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088792484

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鶏の神使様はたいそうイケメンでありました  

    義友おじさんもいろいろ抱えてそうな人ですね  
    いつかお話聞かせてくださいね

  • 参拝客の依頼で御朱印を書くことになり、悪戦苦闘しつつも得難い経験をしたり、義友のかつての奉職先・幸多神宮を訪れ鶏の神使と出会ったりと、まことは高校二年の夏休みを有意義に過ごします。
    そして迎えた新学期、悟にちょっと困った出来事が…!?

    御朱印の話は、そもそも御朱印というもの自体を初めて知ったのですごく新鮮だった。ああいう物があるとは勉強になるなぁ。
    でもこういうの書かなきゃいけないなら、確かに神主さんは書道しといた方がよさそう。
    今回は義友おじさんの元奉職先だった大きな神宮を参拝。
    そこの神使である二柱がかっこよすぎてびっくり。鶏っていうから、またマスコット的な可愛いのが出てくるとばかり思ったのに、思いがけない威厳あふれる神使様だった。
    おまけに軍司様と亘理の遣り取りが地味に面白い。亘理の空回りっぷりがなんだか微笑ましくなる。
    軍司様は是非また出てほしいなぁ。イケメン神使だった。鶏だけど。
    悟くんのラブレター事件はもう災難だったねとしか言えないレベル。そりゃあラブレターかどうか疑っても無理はないわ。

  • 高見が以前奉職してた幸多神宮にGo!の巻。
    軍司様かっこい~!そしてお茶目♪軍司と亘理のやり取りが楽しい。この辺もアニメで見たかったな~

  • 軍司様かっこよすぎる!
    幸多神宮の話は面白かったけど最後の後輩の話は微妙だった

  • やっぱりあったかくて、疲れた時にいいです。

    色がついてるページの悟と眼鏡の義友おじさんがカッコよかった。

  • 御朱印って、~巡りの人のためのものだと思っていたのですが、一般の人も集めていいんですね!
    神が八百万なら、神とのつきあい方も八百万。すてき。

  • 何度読んでも軍司との鶏コンビが笑えます。
    前の巻の兎の神使があったからさらにふり幅が(笑)。

  • 新たな神使登場!今回はかっこいい…しぶいですねぇ
    銀太郎とまことの関係って改めて素敵だなぁと思いました

  • 【本日の軍司様】
     「どちらだ? ワシと亘理のどちらに驚いたのだ?」

  • 6巻
    巫女コス

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2008年、「ウルトラジャンプ」(集英社)3月号に掲載された読み切り『ぎんぎつね』でデビューを果たす。神社の一人娘・まことと神使の銀太郎を中心とした登場人物たちの触れ合いを描いた同作は、同年6月に再び読み切りでの掲載を経て、2009年6月号より連載を開始。現在も「ウルトラジャンプ」誌上で好評連載中。

「2016年 『ほいくの王さま(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぎんぎつね 6 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

落合さよりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぎんぎつね 6 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする