ちゃりこちんぷい 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 坂井 音太  坂本 音太 
  • 集英社
3.79
  • (8)
  • (11)
  • (8)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 135
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088792668

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 玉置勉強を知ったきっかけは何だったっけ?
    前、18禁の本を全部持ってたけど、全部売ったな。

  • コミック

  • これは久々に当たりだった。『彼女のひとりぐらし』が終わってしまったが,うまい具合に玉置勉強作品が繋がった。青春してるけど,皆実はぼっちというのは寂しいなぁ。

  • 音楽漫画だと思ったら日常漫画だった
    しかしおもろい
    よくわからんテンションに引っ張られるね!
    そしてエロい
    エロいっつーかやらしい
    マキミキのおっぱい触りたい

  • 本気でブルーズギターを弾けるようになりたい…。

  • 女子高生もブルーズをやる時代か。

  • 「あんがんがー!!!」byまれちゃん
    玉置先生での作者買いした本ですが、奇抜なタイトルからは良い意味で裏切られるライトなお話。
    とはいえ玉置先生ですから、いわゆるはやりの軽音楽系と違う「イキモノ」的な匂いをもつキャラクターは健在で、それに「ブルース」というこれまたあまりマンガの題材として取り上げられそうにないマイナー(失礼)ネタが自然に組み合わされて、ブルースという音楽が単なる小道具でも舞台装置でもなく物語の柱として紙面から「音」として認識できたことが新鮮(みくにはブルースに関する知識はほぼゼロです)。
    本巻では主人公を突出した存在として印象づけするにはあと一歩ページが足りなかった感があり、ちょっと惜しかったけど、その分他のキャラクターが個性的だった事の裏返しとして次巻以降での活躍を期待。
    しかし「ちゃりこちんぷい」とは思い切ったタイトル。
    なんなのかは読んで理解しましたが、読み終えたあとに作中で紹介されている曲を実際に聞いてみようかなって気分にさせてくれる佳作として次巻が楽しみです。

  • 女子高生、ギターということで「けいおん!」辺りを期待して表紙買いすると痛い目見ると思います。底辺高校の空き教室での青春って感じですね。鬱展開ではありませんが、それを予感させるものがあります。しかしこういう話を描かせると玉置先生は上手いですね。2巻に期待。

  • 雑誌連載の時から気になっていた作品。嫌な日常も、何か夢中になれるものがあれば乗り切れるんです。

  • 女子高生達が放課後ブルーズをセッションしてるところに、
    居合わせた主人公が仲間に加わろうとする話。
    だらだらと過ごしてブルーズのウンチクと曲を弾く。
    ストーリーはあるようで無い。
    それはともかく玉置勉強氏の絵と合ってないのが致命的。
    作画もいい加減で、太鼓の擬音を打ち込みとか安っぽさが酷い。
    歌詞も「誤訳」してまで訳で乗せるくらいなら英文の方がマシ。
    何がどうしたいのかさっぱりわからない漫画だった。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

玉置勉強(たまおき・べんきょう)★漫画家。1994年、成年コミック誌でデビュー。1998年、新創刊された青年漫画誌ヤングマガジンアッパーズにて『恋人プレイ』を連載し話題となる。代表作は他に『東京赤ずきん』『彼女のひとりぐらし』(ともに幻冬舎)など。

「2016年 『猫まち主従(2)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

玉置勉強の作品

ちゃりこちんぷい 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする