87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.46
  • (67)
  • (204)
  • (273)
  • (35)
  • (14)
本棚登録 : 1736
レビュー : 190
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088793047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ebookjapanの無料配信で読破。なんて……独創的な……。韓国ドラマでやってたら、逆輸入で面白くなりそう。

  • 変人を描かせたら間違いなく面白い二ノ宮知子。
    マニアックな人たちのディープな世界『オーバークロック』が今回の主題です。
    その魅力はまだよく理解出来ませんが、とにかく変人たちの熱意だけは伝わります。
    嫌いじゃないなぁ、こういう人たち。
    誰でも楽しそう見えることをただ消費するだけの輩より、全然充実した日々を送っている気がします。

  • 1-3巻。マニアックな世界。

  • これまたマニアック!
    音大生が主人公なのに、音楽にまったく関係ないことしだしちゃってるし(笑)
    のだめファンだったので、主人公が俊彦くん、ハナがのだめ+杏奈÷2、MIKEが千秋、ジュリアがターニャに見える(笑)
    でも面白そう!

  • まったく読んだことないジャンル。
    オーバークロックについて。
    面白いけど、今のとこのだめ以上のキャラはいないもんだね(´ ` )

  • ~3巻。
    マニアックな話だけれど、基本的には、二ノ宮作品。
    うまく読みやすくしているが、盛り上がりに欠ける。

  • ある晩裸足で軒先に立つ美女?の気を引きたくて、彼女がやってるオーバークロックの世界に入り込んで行く音大生の話。

    何だかよく分からない分野がテーマだけど、話のテンポは相変わらず面白い。
    のだめを読み返したくなりました。

    面白い、とは思うけど、古本を待てる感じ。

    3巻まで読了。

  • オーバークロックを題材としたお話なんてめっちゃ珍しい気がする。

    1話目読んでて気が付いたけど、ずーーーと前にちらっと立ち読みしたことがあると思う。

  • 最初MIKEが千秋に見えたけどそのうち見えなくなった。しかし暴言がすごいけど・・・主人公は草食系すぎて最初物足りなかった。でもこういうニッチな世界で頑張るのってなんか好き。主人公がPC屋のおじさんに「もう壊したのか」と褒められるのとか、いい。

  • のだめのような強烈なインパクトがないが、電脳人間にはおすすめ。

全190件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

二ノ宮 知子(にのみや ともこ)
1969年生まれ、埼玉県出身の漫画家。
1989年、『外国ロマンDX』(角川書店)に掲載の「London ダウト・ボーイズ」でデビュー。以後、『ヤングロゼ』(角川書店)、『Kiss』(講談社)などに作品を発表する。2001年に連載開始した「のだめカンタービレ」がヒット。で2004年第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。テレビドラマ化・アニメ化・映画化された代表作となり、クラシック音楽を一般に広める役割も果たした。

87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

二ノ宮知子の作品

ツイートする