シャーマンキング0─zero─ 1 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.98
  • (69)
  • (67)
  • (53)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 836
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088793122

作品紹介・あらすじ

あの世とこの世をつなぐシャーマン。彼らは世界を変える力を持つシャーマンキングを目指して、500年に一度という、シャーマンファイトへ身を投じた…。のちに、伝説の戦士と呼ばれるシャーマン達・葉、蓮、ホロホロ、リゼルグ…彼らの、シャーマンファイト以前の、悩み、迷い、決意する、ちょっぴり切ない…「0」の物語──。

2011年秋よりジャンプ改にて復活、大きな話題となったシャーマンキングのゼロストーリーが早くもコミックスで登場!人気登場人物たちの過去の話=ゼロストーリーが、シャーマンキングワールドに新たな息吹を与える珠玉の短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 葉くんのランドセルたまらんわ

  • 面白さ云々より懐かしさ、ノスタルジーな気分の方が大きい。
    完全版読まなきゃなー。

  • 本編より面白い!(笑)

    キャラクターの深掘りはこういう形で、外伝風にやるのは大賛成です!!

  • 2巻まで所持

    つ、続きが出るなんて!!

  • まさかの第2弾とは。なによりサティ様! っていうかサチ! これは何のごほうびなんでしょうか!! 往年のギャグのノリがそのまま返ってきててすっごく面白いし懐かしかった。センジュ君のあの微妙に抜けてる感じ、やっぱりよかったなぁ。これだけシリーズ化しないかなぁw アシュラ君はえっらい丸くなってる感じでビビッたけど。

  • メインは葉とホロホロのようですね。
    この二人の過去編…深いです。
    胸に迫るものがありました。

  • ユルい

  • WJで連載していた「シャーマンキング」の過去編に当たる短編集、zero。

    葉、蓮、ホロホロ、リゼルグ、そしてちょっぴりハオのそれぞれの過去編を収録。
    全体的に暗い話ばかりですが、武井宏之さんらしい愉快な雰囲気と切なさを持ち味にしたお話ばかりで良い出来の短篇集だなーと思います。
    話によってはちょっと後付感を感じないでもないですが。


    現状続巻は無いものの一応は第1巻となっているので、ゆくゆくはまた、他のキャラクターの過去編が出るのかもしれませんね。

    そういえば、今は未来編に当たる「シャーマンキングFLOWERS」も、連載誌を変えてジャンプ改で連載中なんだっけ。
    ちょっと気にはなってる!

  • ホロホロのエピソード泣いたTωT

  • めっちゃ懐かしい。すげー完全版読みたい。
    ハオ自身を語る話はなかったけど、それは本編なのかしら。気になる。表紙ってハオだよね?なんか象徴的。

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年生まれ。漫画家、イラストレーター。代表作は『仏ゾーン』、『シャーマンキング』、『重機人間ユンボル』など。2019年現在、マガジンエッジで『SHAMAN KING THE SUPER STAR』、『SHAMAN KING レッドクリムゾン』(原作)を連載中。

「2019年 『SDガンダムスペシャルアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武井宏之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーマンキング0─zero─ 1 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×