瞬きのソーニャ 2 (ヤングジャンプコミックス)

著者 : 弓月光
  • 集英社 (2014年2月19日発売)
4.45
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :53
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088797618

作品紹介・あらすじ

ソビエト連邦の極秘施設内で造られた人間兵器ソーニャ。父・ザイツェフと共に逃亡の日々を送る中、アメリカの手が迫る…。身近な、そして、彼女にとって大切な人に迫る危険を払うため、ソーニャは単身アメリカへ渡ることに。世界一のセキュリティを誇るホワイトハウスに乗り込んだソーニャだったがそこで彼女を待ち受けていたのは…!?

瞬きのソーニャ 2 (ヤングジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 範馬 勇次郎がおる。

    とか思っていますが、印象としては、「YASHA」もかぶる。
    あっちより、ファンタジーな部分もあるのだけども、直接手を汚さないといけない部分がたくさんあって(というかそれが日常で)、ちょっと可哀想です。

    人間を越えてしまった子どもがそれでも人間性を失わないでいるというのは、かなり難しいと思います。
    多分、脳の作り自体もわたしたちとは違うし、なにかを判断するときに考慮に入れるデータの量も桁違いなはず。
    それでも、人として生きていくことはできるのか?

    ある意味で、この子を教育したザルツヴァルトがプロでありながら人間性を失わないというものすごいファンタジーにな人なのかもと思います。

    さて、子ども時代は終わって、自由に放たれた彼女がどう生きていくのか。
    楽しみです。

  • 主人公は超人でキャラもたってるので面白いし、「飛行機で移動中に聖書を丸暗記することで移動先の国の言語を習得する」というエピソードなど面白いのですが、超人っぷりが物理法則を超えている箇所で醒めてしまいます。

全3件中 1 - 3件を表示

瞬きのソーニャ 2 (ヤングジャンプコミックス)のその他の作品

弓月光の作品

瞬きのソーニャ 2 (ヤングジャンプコミックス)はこんなマンガです

ツイートする