暗殺教室 8 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.16
  • (126)
  • (123)
  • (66)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 1694
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088800288

作品紹介・あらすじ

夏休みのE組を突如襲ったウィルステロ。無事な生徒達は薬を奪取する為、犯人の待つホテルへ潜入した。彼らの暗殺技術は本職の殺し屋に通じるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 椚ヶ丘中学校3年E組担任殺せんせーを暗殺しようとする生徒たちを遮るかの如く突如現れた新たな敵。危険なウィルスをばら撒き、E組の生徒の半数を貶めた上で身柄の取引きを始める卑劣な行動の集団の黒幕とは誰なのだろうか。

  • 一番気になってたところが入っていない・・・。

  • 随所にちりばめられたサービスに殺られました。「大事にするよ!」とか千葉くんの目チラもそうですし「そなえあればうれしいな」のカルマくんのイタズラアイテムの中にあった例のお薬とか!(めがねおさげの子”特製”ですよ、特製!)ものすごくいいとこでの引きで正直次の巻まで待つのが苦しい!本誌読んでないのでジャンプ買いたくなりました!

  • ストーリーを楽しみ、生徒たちの個性を楽しみ(セリフ少なくても無個性(モブ)じゃないんだよね)、漫画という魅せ方を楽しみ、かつ殺センセーの言葉に自分の成長についても考えさせられるという。
    すごい漫画。

  • 銃美味ぇの人、いいキャラしてると思ったら咬ませ犬だったぜ。

  • ●ホテル潜入編。

  • コミック

  • 【あらすじ】
    夏休みのE組を突如襲ったウィルステロ。無事な生徒達は薬を奪取する為、犯人の待つホテルへ潜入した。彼らの暗殺技術は本職の殺し屋に通じるのか!?

    【感想】

  • 渚くんが覚醒した

  • 想定通りの戦闘シーンの連続。

全76件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 8 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

暗殺教室 8 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする