暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.16
  • (114)
  • (130)
  • (56)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1553
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088800592

作品紹介・あらすじ

目の前で治療薬を破壊した鷹岡に激昂する渚。しかし、正面戦闘では暗殺技術は使えず鷹岡に圧倒される。ロヴロ直伝の必殺技で起死回生なるか──!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 椚ヶ丘中学校3年E組の生徒たちは、殺せない先生こと「殺せんせー」の弱点を幾つか掴んだものの未だ暗殺には至っていなかった。そんな中、濃い夏休みは終わりを告げ、更に濃い新学期が始まるのだった。

  • GTOとかそんなんより、ずっと面白いしずしんとくる教室もの。ジャンプで読んでるの今はこれだけだなぁ。

  • 相変わらず安定しておもしろい~~!
    ハラハラしてスッキリするっていうね、王道なんだけどそこがまたいいのかな。そしてカルマくんがやはりきゃわゆいです。

  • ≪いいなと思った人は追いかけて ダメだと思った奴は追い越して 多分それの繰り返しなんだろーな 大人になってくって≫

  • ●合宿編終了。竹林の裏切りの話は結構好き。

  • コミック

  • 【あらすじ】
    目の前で治療薬を破壊した鷹岡に激昂する渚。しかし、正面戦闘では暗殺技術は使えず鷹岡に圧倒される。ロヴロ直伝の必殺技で起死回生なるか──!?

    【感想】

  • もうほんと、「暗殺教室」は私のライバルです!!

  • メガネの色つやも良さそうだ!!!

  • 竹林君の背負っているものを相対化する発言がいいんじゃない。

全81件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする