暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.17
  • (115)
  • (132)
  • (55)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1579
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088800592

作品紹介・あらすじ

目の前で治療薬を破壊した鷹岡に激昂する渚。しかし、正面戦闘では暗殺技術は使えず鷹岡に圧倒される。ロヴロ直伝の必殺技で起死回生なるか──!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 椚ヶ丘中学校3年E組の生徒たちは、殺せない先生こと「殺せんせー」の弱点を幾つか掴んだものの未だ暗殺には至っていなかった。そんな中、濃い夏休みは終わりを告げ、更に濃い新学期が始まるのだった。

  • GTOとかそんなんより、ずっと面白いしずしんとくる教室もの。ジャンプで読んでるの今はこれだけだなぁ。

  • 相変わらず安定しておもしろい~~!
    ハラハラしてスッキリするっていうね、王道なんだけどそこがまたいいのかな。そしてカルマくんがやはりきゃわゆいです。

  • ≪いいなと思った人は追いかけて ダメだと思った奴は追い越して 多分それの繰り返しなんだろーな 大人になってくって≫

  • ●合宿編終了。竹林の裏切りの話は結構好き。

  • コミック

  • 【あらすじ】
    目の前で治療薬を破壊した鷹岡に激昂する渚。しかし、正面戦闘では暗殺技術は使えず鷹岡に圧倒される。ロヴロ直伝の必殺技で起死回生なるか──!?

    【感想】

  • もうほんと、「暗殺教室」は私のライバルです!!

  • メガネの色つやも良さそうだ!!!

  • 竹林君の背負っているものを相対化する発言がいいんじゃない。

  • 竹林君の話メイン

  • 目の前で治療薬を破壊した鷹岡に激昂する渚。
    しかし、正面戦闘では暗殺技術は使えず鷹岡に圧倒される。
    ロヴロ直伝の必殺技で起死回生なるか!?

    鷹岡との決着から肝試し、夏祭り、竹林君のE組一時離脱まで。
    鷹岡は初登場に輪をかけてクズっぷりばかり増していってて残念。最期まで完全に悪役だったな。渚が一矢報いてくれてスッキリする。
    肝試しはビッチ先生と烏間先生がいい感じで、ディナーの席での間接キスと告白がうわぁ!ってなっただけに、気づいていないらしい烏間先生の鈍感ぷりに驚かされた。
    夏祭りは閑話休題と見せかけて、裏で色々動きがあった感じ。ロヴロさんえええ!?ってなったんだけど。
    そして竹林君のE組離脱。ここは完全に省かれていたので予想外ですごく驚いた。けど確かにそういう展開だってあり得るよね。結果として戻ってきてくれてホッとしたけど、戻り方が結構スタイリッシュで笑った。あの手の盾を一撃ってどんだけ。

  • みんないろんなことを身につけてきている。竹林くんも、かっこいいじゃない。あんなふうに家庭での葛藤を抱えている子には強さと自信を持って欲しいなぁ。殺せんせーの教育理念はすごいわ。ちゃんとひとりひとりに合わせる。見守る。

  • 夏休みのカップル作ろう暗殺肝試し大好き!笑 速水さん&千葉くんのペアが本当に大好きです(*´∀`*)

  • 薬奪還で盛り上げたのに、結末は物足りなさがある。
    まぁ、まだ2学期、3学期とあるから仕方ないか。
    生徒が死ぬことも、本当に殺人犯すこともないだろうし。

    一学期より内容の濃いものを期待。

  • 渚VS鷹岡、決着。そして夏休みといえば、肝試しと夏祭り。ビッチ先生が可愛いな!(笑)そして、竹林がE組を抜ける!?E組の絆を感じた巻だった。

  • 渚くんはどんな時でも女の子にしか見えない件。久しぶりの暗殺教室。1年分6冊も積んでしまってたので崩し。やっぱり殺せんせーとE組の連帯感が素敵。熱くなる。真面目あり、ゲスいのあり、バランスよくて楽しい。

  • 渚の必殺技発動までの書き文字が大好きです。偶数ページの演出もあいまってだけど、それは今更言わずもがなというか。今言っちゃったけど。
    敵もプロ、味方もプロで、大人たちが魅力的な夏休みという印象。下世話な殺せんせーも、超鈍感な烏間先生も込みで。
    「出五」という用語が生まれるほどの扱いされてる五英傑、ちょっと同情してきた。
    A組復帰回もきれいにこの巻にまとまってすっきり。

  • ビッチ先生かわいいな!

  • 9巻目。

全82件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

暗殺教室 9 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする