ワンパンマン 5 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : ONE 
  • 集英社
4.29
  • (124)
  • (97)
  • (43)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 1289
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088800837

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無免が膝を着くシーンの雨の描写に感動した。
    あと、溶けジェノスが好きです。彼は壊れている時が一番輝いていると思います。

  • とても面白い。深海王編は釘付けになったなー。ぷりぷりプリズナーの筋肉膨張へのソニックのツッコミから、ソニックと深海王!ジェノスの到着!無免ライダー!サイタマがやっと…という感じ(笑)。おでん食べたくなった。

  • 深海王編、アニメ同様に良いラスト、キャラが固まってる

  • 無免ライダーみたいな草の根で支える人間がいるからこそ、日々の生活が成り立っているんだ、ということをあの糞餓鬼はわかっていないし、わかろうともしていない。
    不可能だと分かっていても立ち向かう勇気と覚悟。
    少しでもその気概を持ったことのない人間には、一生わからないこと。一生どころか何度人生やり直したって、わかりっこない。

    そして、彼らの心意気を無駄にしないために泥をかぶるまたもサイタマ。
    でも、どれだけ不特定多数の誹謗中傷が襲ってきても、心の底からの感謝を向けてくれれば報われる。それが最高の報酬。理屈じゃなくて、理解できているサイタマかっこいわ。

  • 【次男蔵書】と言うか、昨晩あまりの面白さに息子を誘って書店へ単行本を買いに行ってしまった。深海王との決着が本巻で決まるわけだが、ジェノスと一緒に出掛けたはずのサイタマがはぐれて遅れるというベタな設定(笑)深海王を倒した後のサイタマが、なぜ憎まれ役を買って出たのか? 無免ライダーは健気でかわいいな。ぜひ今後もサイタマと絡んでほしいキャラだ。今回も番外編も相変わらず面白かった。

  • ぷりぷりプリズナーのキュートさかっこよさ!!
    そして!!
    無免ライダー!!!!!!
    無免さんのシーンはアニメでも号泣だったけれどマンガでもやっぱり号泣だった。
    立ち向かっていく強さ…サイタマ先生に通じる思いが彼にはあって、無免さんは決して強くはないかもしれないけれど心だけは絶対に屈しないのだ。負けない。ヒーローだから。なんてかっこいいんだろう。

    番外編のあずきゼリーサイダーの話もおもしろかった!
    先生は貧乏に見えるか見えないか。それについて言葉を濁すジェノスが素直でよろしい。嘘はつかない。

  • 深海王、決着。無免ライダーかっこいいなあ(´ω`*)自分が弱いと知りながらも敵に立ち向かう無免ライダーの心は強く、立派なヒーローだった。サイタマへのお礼の手紙にぐっと来た。同級生だった学生時代に出会ってたら良い友達になってそう^^

  • ワンパンマンの精神的イケメンさよ。時々ずっと出てきてた、チャリンコのやつもすげーいい味でてる。さらに詳しい過去編とかやってくれるのかな。

  • サイタマ先生好きだけど、ジェノスの雰囲気もステキだ…♡

  • 新ヒーローが続々と登場してきます。やっぱり面白い、次回も期待です。

著者プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

ワンパンマン 5 (ジャンプコミックス)のその他の作品

村田雄介の作品

ツイートする