かくりよものがたり 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.44
  • (23)
  • (57)
  • (84)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 686
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088800851

作品紹介・あらすじ

霊が住まう霊のための町、霊場・カミツヨミド。不可思議なる「お力」で荒ぶる魂の鎮魂を使命とするアメ姫。そして、命を賭して彼女を護る事を誓ったサルタヒコ──。現界(人の世界)と幽界(霊の世界)の運命の靈語が今、紐解かれる!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 藤崎節が凄いなぁという感じでした。
    好き嫌いは絵柄以上に出ちゃう内容ですね。徹底しているせいなのですが。
    設定的にはそれなりにきちんとしているので、ノリについていけるかどうかに尽きます。
    使い捨てキャラに関しては本当に使い捨てになっていきそうですが、重要キャラは最後までがんばってくれそうですね。
    仙人じゃなくなって日本の過去の偉人がどんどん出てくるタイプの演義といってしまえばわかりやすいかな。

  • コミック

  • 迴セ逡後↓蜃コ迴セ縺励◆諤ィ髴翫r骼ョ繧√※蟷ス逡後↓謌サ縺吶い繝。蟋ォ縺ィ繧オ繝ォ繧ソ繝偵さ縺ョ繧ウ繝ウ繝薙→縲∵?ィ髴翫r鮟?ウ峨′縺医i縺吶Ρ繧ソ蟋ォ縺ィ繧ソ繧ア繝溘き繝?メ縺ョ繧ウ繝ウ繝薙?蟇セ豎コ縲

  • ちょっと不思議な藤崎のマンガ。
    これぐらいのちょっと不思議が、この人には、ちょうどいいのではないかと思います。

    「封神演義」と「屍鬼」のよいところがミックスされている感じ。

    この人のSFな感じのやつも嫌いじゃないんですけど、あんまり成功していない感じなんですよねぇ。

    アメとワタというキャラクターも、なかなか、闇が深そうでいい感じです。

  • 和風ファンタジー。現代的な要素もたくさんあって、とくにワタ姫が腐女子(でも一応描いた絵を隠したりする恥じらいを持ってる)だったりするところが面白い。
    影の暗躍者タケミカヅチがこれからどう動いていくのか楽しみ。

  • 思ってたより読みやすく、一気に読み終えた。
    双子姉妹、減る寿命、面白い要素がいっぱい。
    続きが楽しみ。

  • フジリューの最新作。
    今回は封神のような少年漫画らしい和風ファンタジー。
    相変わらず歴史ファンタジーの設定が面白い。
    主人公と魂を浄化したり蘇らせる能力のある巫女の正義側と怨霊を呼び出せる巫女とその黒幕の敵側の対立が確立した感じ。
    美形ばかりなのも狙ってるのかな?絵は独特で綺麗だけどトーンがしつこすぎるのが見難いかも。
    個人的に凄く好きだけどメジャーになり難いかなあ。
    ワークワークも好きだったし今回のは続いて欲しい!

  • 2014/01/16購入・11/03読了。

    アメ姫vsワタ姫。双子の姉妹同士の戦いなのか、ワタ姫の中身は誰なのか…。アメ姫を知らないあたり、別人のようだけれど記憶喪失なのか。そして最後、アメ姫の運命や如何に。

  • 霊が住まう霊のための町、霊場・カミツヨミド。
    不可思議なる「お力」で荒ぶる魂の鎮魂を使命とするアメ姫。
    そして命を賭して彼女を護ることを誓ったサルタヒコ。
    現界と幽界の運命が今、紐解かれる!

    封神演技以来読んでなかったフジリュー作品。久しぶりに触れたけど、なんかずいぶん絵が変わったような。
    内容としては、怨霊を鎮める事ができるアメ姫をサルタヒコがサポートしつつ退治…じゃなくて浄化していく感じ。
    マイナーどころから有名どころまで、歴代の著名人の霊が登場するので、自分の好きな人がどういうビジュアルで出てくるかっていう楽しみはある。
    死んだはずの双子の姉が敵として登場ってのは盛り上げる展開だけど、その前にアメ姫がちゃんと蘇生できるのかが心配。

  • 遅まきながら購入。
    漫画は基本iBooksへ以降計画中・・・

全46件中 1 - 10件を表示

かくりよものがたり 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

藤崎竜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かくりよものがたり 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする