ワンパンマン 6 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : ONE 
  • 集英社
4.22
  • (90)
  • (98)
  • (37)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1110
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088801285

作品紹介・あらすじ

突如かけられた非常招集によって、本部に集合したS級ヒーロー達&ついてきたサイタマ。彼らは大預言者シババワが遺した予言を知らされる。その内容とは…『地球がヤバい!!!』!? いったい何が起こるのか!!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い。今までにない強大な敵!味方(S級)もたくさん!とにかく絵が上手ですね。次巻が楽しみです。

  • お箸が折れてるでしょ、普通。

  • S級1位のブラストってどんな奴だろうね。

  • 豬キ蠎穂ココ縺ョ谺。縺ッ螟ゥ遨コ莠コ縺」縺ヲ豬√l縺九→縺翫b縺?″繧??∝ョ?ョ吩ココ縺檎匳蝣エ縲ゅ↑繧薙□縺句」ョ螟ァ縺ェ隧ア縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺セ縺?j縺セ縺励◆縲

  • ボロス編、これがアニメでは最終話だったような気がする

  • 「地球がヤバい」の予言遺して死んだシババワ。その予言を回避するためにS級ヒーロー大集合から、宇宙戦艦襲来して大乱闘の6巻。とりあえず、宇宙戦艦の迷路すっげぇ。

    タツマキがきゃんきゃん五月蠅い。アニメ見たから余計にそう思うのか。

  • 【次男蔵書】地底王も呆気なかったが、天空王は悲しいくらいチョイ役だったな~昨日から続けて6巻を読んでしまうくらい惹かれるものがある。ようやくサイタマのワンパンでは倒せない相手が現れたようだが、その相手はもやは地球人(怪人)ではなく宇宙人とは。この先のストーリー展開が心配になるが、ゆる~く話が続きそうな気もする。

  • 大予言者の遺した予言に非常招集かけられたS級ヒーロー達とそこに交じるサイタマ。個性豊かな面々でみんなどんな闘い方をするのか! 個人的に番犬マンと童帝くんが楽しみです。ラストのバングさんがちょっと心配… 全宇宙の覇者・ボロスとサイタマのも方も気になる。感謝、感謝のお借り本。

  • Wedですでに読んでるけどとてもいい
    とくに絵が素晴らしいです

  • 瞬殺に次ぐ瞬殺。絵柄的にもまさに次元が違う

  • プリズナーちゃん表紙!
    「これを機にジェノスちゃんと仲良くなりたい」こわい。

    そしてボロス編へ…。
    S級ヒーローたちによるアツイ展開。アトミック侍かっこいい。
    サイタマ先生は相変わらずの平熱。時々見せるイタズラっ子のような表情がかわいい。

  • 全宇宙の覇者、襲来。地球がヤバいとは言うけど、どうせワンパンなんでしょと思ったら、ワンパンで終わらない、だと…w漸く楽しめそうですね!(主にサイタマが)

  • S級1位はまだ登場しないのね。気になるわ〜 天狗集団の噛ませ犬ほどもない登場。あんなかっこいい?名前があるのに即終了やん。もったいない。そしてサイタマ先生は相変わらず強いね。

  • 新キャラ異常に増えたね

  • 作:村田雄介
    掲載誌:週刊少年ジャンプ
    出版社:集英社
    棚No:A1

  • S級ヒーローがいっぱい出てきた!
    タツマキちゃん強いなあ。
    敵も強そうだけど、サイタマならまあ大丈夫だろうっていう安心感がすごい(笑)
    最後の番外編みたいな日常(?)の話もよかった。

  • 過激宇宙人の侵略にS級ヒーローも集められる。いくら切っても再生能力で復活する敵に天を覆うばかりの宇宙船。の中をワンパンマンは散歩するように進んでいる。これまでの集大成のような広がりと見掛け倒しアクションの脱力系の融合が素晴らしい。画力についてはいわずもがな。速すぎて少しボケてしまう描線が新鮮です。

  • もともとがWEBマンガだからなのか、最新話だけでなくWEBでいっぱい読めるのがうれしい。
    主人公のランキングが上がっていくのが単純に楽しい。

  • “「シババワ様の予言は100%当たる!
    そしてこれまでいくつもの大災害を予言してきた
    洪水 危険生物の発生 大地震
    その中には多くの命を奪う結果となったものもある
    しかしシババワ様が『ヤバい』と表現した事は今まで一度もなかった…!
    大地震や鬼や竜レベルの怪人が襲来するよりも『ヤバい』事が起きようとしているのだ!
    それもこの半年以内に!」”

    サイタマの力の理解者が、ジェノスだけじゃなくてバングさんもになったのがちょっと嬉しい。

    Thanks to I.Y.

    “「なんだこれ」
    『退去せよ さもなくば全戦力を挙げお前を殺す』
    「頭ん中に直接声が入ってくる」
    『それ以上踏み込んでみろ!お前を殺すぞ!』
    「帰れったって迷っちゃって出口わかんねーよ」
    『わかった誘導しよう まずはそこから右に曲がって突き当たりの階段を上がれ』
    「じゃあ左に進もうっとへへへ…」
    『ま!待て!貴様よくも!ちょ ちょっと
    ままま待て そっちはまずい!
    わかった!俺が悪かった!そっちに行くからちょっと立ち止まっててください!
    ああああああああやめてええええええ』”[P.144]

  • 少年ジャンプで連載すべき。

全54件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

ワンパンマン 6 (ジャンプコミックス)のその他の作品

村田雄介の作品

ワンパンマン 6 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする