食戟のソーマ 10 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 森崎 友紀  附田 祐斗 
  • 集英社
3.92
  • (17)
  • (49)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 465
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088802121

作品紹介・あらすじ

本戦一回戦を締めくくる最終試合。創真との再戦を誓うタクミに対し、不敵な笑みを浮かべる美作昴。その笑みに隠された理由…そして、彼の披露する料理が会場中の空気を一変させる! 衝撃の第四試合、開戦!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ストーキング。

  • 1回戦終了、あいつはムカつくけどソーマがやってくれるんでしょう

  • 「料理をする本物の喜びをお前は知らない」(p133) 冒頭のアレで、もう読むのやめようかなと思った。美作は生理的に受け付けないんだろうなぁ。某漫画のキングコングと似て非なる不快感。それを払拭するかのように、ソウマの食戟に賭ける条件が面白い。続きがものっそい気になるんだけど、まさかこれで負けることはねーべなw まさかなw 「巻末に番外編なんか載ってるせいで 本編が気になる所で終わってるじゃない!!」(p174) えりな様、その気持ちよく分かるわ。

  • 本線一回戦を締めくくる最終試合。創真との再戦を誓うタクミに対し、不敵な笑みを浮かべる美作昴。その笑みに隠された理由…そして、彼の披露する料理が会場中の空気を一変させる!
    衝撃の第四試合、開戦!

  • 面白かった〜。早く続きが読みたい!

  • タクミの話はあれで良かったと思うし、創真の美作への対応も正しいと思う。タクミはイサミとの絆をかけて戦ったのだから創真が口を出すのは変だし、料理を作る楽しさと喜びを誰より知っている創真だからこそ美作への憐憫と情を含めあの食戟にうって出たのだろうから。
    タクミに言葉をかけるのはイサミでいい。

  • ちょうど本誌買い始めて、ソーマ単行本買うきっかけになったタクミ回!
    なんだみても美作はきもちわるいですね!(ほめてる
    タクミ、まじいけめん…。
    秘書子とえりな嬢かわいいので、もっと描写ほしくなります( ˘ω˘ )

  • ジャンプに露骨なホモホモしさは逆に冷めれれば。ワンコ受とガチムチ。

  • アニメ化!
    見ませんが、作画がちょっと大変なような気がします。

    今回は、葉山と・・・・ってあっさり終わっちゃいましたね。
    そして、ストーカー登場。
    ライバルとの対決を前に負けるなーとも思っていましたが、闘う前からまけるフラグがびんびんだったので、そこは王道でした。

    後半は新聞部もゲス顔になって欲しいですね。
    いいキャラは逆に田所さんでもういっぱいな気がします。

    そして、えりなとソーマ。2828.
    アリスがちょこっと「ぷすすー」って出てきたので満足です。
    少女漫画に夢見るあたりは乙女ですね。

  • タクミvs美作の試合は何と無く薄味だったけど、そこから先繋がってる創真vs美作が面白くなりそうな。
    アルディーニ兄弟の魂を取り戻してやってくれー!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐伯 俊(さえき しゅん)は、日本の漫画家。
大学の後輩だった附田祐斗がジャンプ十二傑新人漫画賞で十二傑賞受賞した悔しさから、他誌でデビューを果たす。 附田の机に置かれていた単行本を見た担当編集が佐伯俊の作画に惹かれ、附田を通して担当編集と連絡を取るようになる。2011年、『ジャンプNEXT!』にて読切『キミと私の恋愛相談』を掲載。2012年、『週刊少年ジャンプ』にて『食戟のソーマ』で連載デビュー。

食戟のソーマ 10 (ジャンプコミックス)のその他の作品

佐伯俊の作品

食戟のソーマ 10 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする