僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.18
  • (166)
  • (135)
  • (71)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 1415
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088802640

作品紹介・あらすじ

多くの人間が“個性"という力を持つ。だが、それは必ずしも正義の為の力ではない。しかし、避けられぬ悪が存在する様に、そこには必ず我らヒーローがいる! ん? 私が誰かって? HA‐HA‐HA‐HA‐HA! さぁ、始まるぞ少年! 君だけの夢に突き進め! “Plus Ultra"!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界総人口の八割が何らかの「特異体質」である超人社会となった現在。
    かつて誰もが空想し憧れた一つの職業が今また脚光を浴びていた。
    そう、それはヒーロー。

    誰もが超能力という「個性」を持つ超常化に伴い、爆発的に増加する犯罪件数。
    そんな中、勇気ある人々がコミックさながらにヒーロー活動を始めたのだ。
    超常を悪用したり、怪物化する者を取り締まるため、たちまちヒーローたちは市民権を獲得し、国からの莫大な収入と市民からの地位を得られる公的職務に定められたのだ。

    そんな時代のお話。
    力を譲渡する個性(ワン・フォー・オール)を持つNo.1ヒーロー、オールマイトから
    ひょんな出会いの末、力を譲り受けた少年、 緑谷出久(みどりや・いずく)は
    オールマイトとの秘密の特訓を経て、
    国立で偏差値79のヒーロー養成学校・雄英高校(ゆうえい)ヒーロー科に入学するのだが…。


    いやぁ~もう
    この設定だけでツボだし、
    この漫画ホンマ良くできてるんです。
    (ダ・ヴィンチの次にくるマンガ大賞2015で第1位、書店員が選ぶおすすめマンガ2015の第2位など知名度もかなり上がってます)

    正義感だけが取り柄の
    勉強も運動もできないさえない高校生が、
    通販で買った全身タイツで覆面ヒーローとして悪党と戦う
    ハリウッド映画『キック・アス』を思わすヒーロー愛溢れる世界観。

    この世代では珍しい、何の個性も宿っていないダメダメ少年がヒーローとなり成長していくところにカタルシスがあるし、

    そんなダメダメ少年が
    誰かがピンチの際には考えるより先に身体が動くという、
    ヒーローとしての最大の条件、
    「自己犠牲」の精神を備えているところも実はカッコいいし
    応援したくなるんですよね。


    出久を何かと目の敵にし、
    「爆破」という個性を持つ不良少年、爆豪勝己(ばくごう・かつき)。

    触れたモノにかかっている引力を無効化する「無重力(ゼログラビティ)」という個性を持つ、
    雄英高校で出久と最初に友達となった明るいヒロイン、麗日お茶子(うららか・おちゃこ)。

    脚が異常に速い「エンジン」という個性を持ち、
    真面目一辺倒だが意外といいヤツのメガネ男子、飯田天哉(いいだ・てんや)。

    へそからレーザーを出せる個性「ネビルレーザー」を持つ、
    嫌みなイケメン(笑)・青山優雅(ゆうが)。

    水中を高速で泳ぐなど蛙っぽいことはだいたいできる
    お喋りな女の子、蛙吹梅雨(あすい・つゆ)、

    見ただけで人の個性を抹消できる個性を持ち
    雄英高校1-A担任の相澤消太(しょうた)。
    (またの名を抹消ヒーロー、イレイザー・ヘッド)

    ペッツやハリボーなどアメリカンなおやつを愛し(笑)、
    「治癒力を超活性化させる」個性を持つ、
    雄英高校看護教諭のリカバリーガール。

    などなど不特定多数のヒーローたちが活躍する世界を描いた漫画なので
    とにかく沢山のヒーローたちが出てくるし、
    明日のヒーローを目指して日々特訓に励む学生たちのキャラがまた
    個性派揃いで
    読んでいて胸躍ります♪


    中でも
    『もう大丈夫だ!私が来た!』が口癖のNO.1ヒーロー、オールマイトのお茶目で天然ボケなキャラが最高に笑えます(笑)

    長年に渡る戦いで満身創痍になり
    度重なる手術と後遺症で
    ヒーローとしての活動限界は今や1日約三時間という裏事情もあって
    彼の心情を考えると少し切なくもなるけど、
    それをひた隠して悪漢と戦い、
    出久をフォローする姿は
    まさにヒーローの鏡であり、
    自らの生き様を見せることによって
    少年少女たちに
    メッセージを送っているような気がします。

    『人々を笑顔で救い出す平和の象徴は
    決して悪に屈してはいけない』

    『私が笑うのは、ヒーローの重圧や恐怖から己を欺く為さ。
    プロはいつだって命懸けだよ』

    など胸を打つ名言もてんこ盛り!


    果たしてダメダメ少年、緑谷出久は
    無事学校を卒業し、
    一人前のヒーローとなれるのか?

    そして満身創痍のオールマイトの運命は…
    (悲しい結末しか思い描けないし…)


    とりあえず
    B級テイストあふれる映画や
    アメコミ物やヒーロー物が好きな人、
    夢や友情や冒険を描いた王道少年ジャンプ漫画が好きなら
    ホントたまらない作品だと思います(笑)

  • 連載開始から楽しみにしていた作品で、少年ジャンプの作品では久々に単行本を買いました。
    回を追う毎にどんどん熱くなっていきます!!
    Plus Ultra!!

  • 「友情・努力・勝利」
    ジャンプの三大原則がまさに体現されている作品だと思いました。

    普通、漫画の主人公は特別な才能を持っていることが多いけど、この漫画の主人公は「何の才能もない」ところからスタートしています。
    そんな彼がこれから活躍する訳ですが、その根本にある、地道だけども諦めずに続けてきた彼の努力が丁寧に描かれており、グッときました。

    絵も上手なので、バトルシーンも引き付けられました。

    続巻もぜひ読みたいと思いました。

  • 本誌で読んで泣いてコミック読んでさらに泣いている・・・。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァンくそが!!!
    かっこいいんじゃあんぽんたん!!!!

  • 人の想像力はつきることがない。また表現力は全く同じということがない。

  • 少年漫画ー!!!熱い!!
    「努力!友情!勝利!」
    ジャンプ漫画らしさ全開です。

    ヒーローに必要な精神があるデクと、精神は欠如しているが力を持つ爆豪。この2人の対比が面白いです。

    学園モノでもあるので、他の雄英学園生徒たちのエピソードが掘り下げられていくのが楽しみです。

  • 嫌いになれない無垢さ、真っ直ぐさ、純粋さ、ってあるんだよなぁ…出久は素直に応援したくなる。
    昔は「そんなのはフィクションの中にしか存在しない!!リアリティ皆無!!」
    と一刀両断してたけど、現実に存在しにくいからこそフィクションの中で触れたくなるんだ…と解ったわ。最近。

  • 多くの人間が“個性"という力を持つ世界で、無個性な主人公。憧れのヒーローに背中を押され、次第に強さを増していく王道少年漫画。

  • 多くの人間が“個性"という力を持つ。だが、それは必ずしも正義の為の力ではない。しかし、避けられぬ悪が存在する様に、そこには必ず我らヒーローがいる!ん?私が誰かって?HA‐HA‐HA‐HA‐HA!さぁ、始まるぞ少年!君だけの夢に突き進め!“Plus Ultra"!!(Amazon紹介より)

  • 熱い。

全97件中 1 - 10件を表示

プロフィール

堀越 耕平(ほりこし こうへい、1986年11月20日 - )は、日本の漫画家。愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。
東邦高等学校卒業 名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースに進学する。在学中、読切『ヌケガラ』で第72回(2006年下期)手塚賞佳作を受賞した。卒業前に読切『テンコ』を『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに掲載してデビューを果たし、さらに『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を掲載した。

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

堀越耕平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)に関連するまとめ

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする