僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.17
  • (177)
  • (152)
  • (78)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1715
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088802640

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでて泣いてしまうこともあった。

  • デクの子供時代に感動しました。
    可哀想すぎる、しかも無個性なのはしょうがないからかっちゃんを恨めないのが余計悔しい。

  • ジャンプに初連載されたこの漫画を読んだあの時を、今でも鮮明に覚えています。
    あまりの感動で、1話のラストで泣いてしまいました。
    1話にして、これは絶対人気漫画になるだろうなと期待させるほどの内容で、現に今ではジャンプを背負う漫画の一つになっています。
    そんな「僕のヒーローアカデミア」の中で一番好きなのが、オールマイトが緑谷に雄英高校の合否を告げるシーンです。
    不合格だ、と一度下げておいてからの、実は、、
    という演出。
    何回読んでも鳥肌が凄いです。
    順調に話を進めているこの作品、王道のヒーロー漫画が好きな人はぜひ読んでみてください。

  • 少年マンガの王道。

    とりあえず今のところは「努力」、「努力」の主人公。
    この後は「友情」。
    そして「勝利」と繋がっていくことだろう。

  • 前作、前々作と好きだったので、こうしてヒット作になって嬉しい。
    面白いし、毎週楽しみ。

  • 面白いです。こういうのスゲー好き。

  • 2018/09/09:〜20巻

  • 「君はヒーローになれる」

    少年ジャンプ連載中の王道少年漫画。
    ヒーローを目指す少年の成長ストーリー。
    1巻から熱い展開が目白押し。

  • キャップとソーみたいなヒーローを2010年代に登場させるとは…オールマイトが胡散臭いしダサいし実は敵だと予想していましたが。
    アニメを流していたらハマってしまい、読み始めました。オールマイト超かっこいいです。

  • 1~3巻
    ルフィや銀さんの様な主人公が好きな私は、弱い・泣き虫・ヘタレ・無駄に自己が強い・良い子ぶりっ子な主人公は受け付けない。ので、1巻などは読むのがかなり辛かった。特に勝己との対話では思いっきり勝己の方に感情移入してムカついていた(笑)雄英に入ったあとからデクがなんとなく頼もしくなり段々持ち直していった。3巻辺りはもう存在が救いだった。オールマイトを模したコスチュームがとてもかわいくて印象に残った。キャラは皆いい感じ。飯田、上鳴、梅雨、峰田、轟などなどとても魅力的。そしてお茶子がとても可愛い(∗•·̫•∗)これから面白くなっていきそうなので、機会があれば次も読みたい

全109件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

堀越 耕平(ほりこし こうへい、1986年11月20日 - )は、日本の漫画家。愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。
東邦高等学校卒業 名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースに進学する。在学中、読切『ヌケガラ』で第72回(2006年下期)手塚賞佳作を受賞した。卒業前に読切『テンコ』を『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに掲載してデビューを果たし、さらに『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を掲載した。

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

堀越耕平の作品

ツイートする