青の祓魔師 14 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.99
  • (60)
  • (82)
  • (54)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1102
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088802824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 折り返しのみんなの写真いいなぁ。本編の展開が展開なだけに癒される。出雲がみんなに助けを求めたところ、よかった。ひとりでがんばらなくてもいいんだよ。

  • 58-62

  • "「ルシフェル様のお優しい計らいによるものだーー人道的だろう?ブキャハハハ!!!!」
    「お前…悪魔なのか?」
    「いーやぼくは人間だ
    残念ながらな!!」"

    志摩くんの電話相手はあのメガネの女の人?

    "「あいつはあたしが倒す…!!
    でも祝詞を唱えてる間 あたしは無防備になる
    だから お願い
    みんな あたしを助けて!」

  • 出雲救出編クライマックス。ラストバトルはツンデレの真骨頂とも言える。女の子泣かす奴は悪、これは世界の定理ですな。

  • 悪魔の力を引きながら祓魔師を目指す少年の物語。主人公・燐たちに距離をおいていたサブキャラ出雲ちゃんが、窮地においてようやく仲間や家族を好きな気持ちに気づき、「たすけて」と心を開きます。ONEPIECEで言えば、要するにナミが心を開く場面と同様ですな。テンプレ展開とも言えますが、ここは素直に感動すべきよね。ところで表紙裏のカラーページに主人公たちの集合画があるんだけど、作中で仲間を裏切ったアイツが真ん中に…。ってことは実は裏切ってないのか…?うーん。気になる…。

  • 今回で神木さんのお話は終わりです。
    とりあえず、外道院がゴミなのはわかりましたが、言ってる意味はわかるのが辛いところですね。
    偽善という言葉は当てはまるかわかりませんが、少なくとも人は自己の利益のために他を脅かすことがありますから。
    …といった話は脱線しそうです。

    志摩さんは好きじゃないですが、結果的に悪いことにはならない予感はします。
    誰かのために、人質がいてそのように暗躍しているようにも見えます。
    メフィストかなー。
    かかわってきそう。

  • 出雲編、クライマックス。
    出雲ちゃん、良かったねー。
    後は月雲と志摩さん、、気になる。

  • ようやく、ようやくたどり着いた~という感じ。
    外道院は本当に外道すぎてもう…はよ潰れろ、という感じです。
    ウケとミケが可愛い。それにしてもシマさんはなあ…何でああなっちゃったんだろう…。

青の祓魔師 14 (ジャンプコミックス)のその他の作品

加藤和恵の作品

ツイートする