カラダ探し 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.37
  • (8)
  • (20)
  • (25)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 301
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088802916

作品紹介・あらすじ

全員振り返って全員死亡!!!!!!
迫り来る絶望── 極限サバイバルホラー!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カラダ探し(1)(ジャンプコミックス)
    著作者:村瀬克俊
    発行者:集英社
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698
    facecollabo home Booklog
    https://facecollabo.jimdofree.com/
    橋本さん主演で実写化!大人気ループ系ホラー
    公開日:2022年10月14日 金曜日公開!
    公式サイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/karadasagashijp/
    Twitter:https://twitter.com/karadasagashi_m

  • 友人の遥から「私のカラダを探して」と依頼された明日香たち。それは、学校に伝わる“赤い人”の怪談を予感させるものだった――。早くすべてのカラダを見つけなければ、永遠に同じ日が繰り返され、何度も“赤い人”に殺されると言うが…。

    試し読みで面白そうだったので手を出してみたけど、予想以上に先が気になる展開で一気読みしてしまった。
    「赤い人」という怪談から「カラダ探し」に巻き込まれる話だけど、ともかく最初は何が何だか分からずひたすらに赤い人が怖い。容赦なく皆殺されていくし、殺し方がえぐいし。
    おまけにカラダ探しをお願いしてくる遙が怖い。いやいや、あんな状態でなんで誰も反応しないんだよ。色々謎が多くて先が気になる。

  • ジャンプの読み切りに衝撃を受けたので。

    ループ系のデスゲーム。話自体は嫌いじゃないけど、展開が早すぎてちょっと置いてきぼり感が強かった。
    まだこっちがルール把握してないのに登場人物はそのルールを応用してくるし、裏切ったわねとかいわれてもそもそもこっちはまだお前の名前も覚えてないよとか。

    ただ連載中の話は普通に面白いので、これから面白くなっていくのかも知れない。

  • 記録

  • 学園ホラー系の漫画です。
    一般的なデスゲームと比べると、ゲームに失敗してもリトライできる点、同じゲームを繰り返し行う点、キャラの使い捨てが少ない点が挙げられます。赤い人の絵がとても恐ろしく、かなりインパクトがあります。
    ホラー系やデスゲーム系の作品が好きな方にはおすすめです。

  • ジャンプ+にて最終話まで読了。

  • 赤い人
    カラダ探し

    めっちゃこわい

  • ある日クラスメイトの遥に「カラダ探し」を頼まれた主人公達6人。
    カラダ探しとは❝赤い人❞に体を8つにバラされた者(ここでは遥)の体を、頼まれた6人で探しださねばならない。
    色々とルールが有り、赤い人に見つかると基本殺される為、見つからないように探さないといけないのが恐怖心を煽る。

    前々から気になっていた作品で楽しみにしていました。
    まだ1巻なのでカラダ探しや赤い人の事など謎だらけで全然分かりませんがテンポよく進むのでとても読みやすいです。

    人間の醜い面も浮き彫りになったりと、そいういところも良かったです。
    かなり楽しめたので全巻読んでみようと思います。

  • ホラー/デスゲーム
    17.05.25 13巻up

    1-13巻 続

  • グイグイ引き込まれて読んでしまう。
    結局の所、近道はなさそうなので、理不尽かも
    しれないけど、正攻法で攻めるしかないのかな…。
    私はそんなに怖いとは思わなかったけど、
    エンドレスに続くと、ちょっと読むのが
    キツイので早い展開を希望。

全14件中 1 - 10件を表示

村瀬克俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×