僕のヒーローアカデミア 2 (ジャンプコミックス)

著者 : 堀越耕平
  • 集英社 (2015年1月5日発売)
4.33
  • (107)
  • (84)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :957
  • レビュー :47
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088802978

作品紹介・あらすじ

ついに始まります「戦闘訓練」。やっぱ緊張するけど、皆に負けない様に頑張ろ…って、えっ、訓練の相手ってかっちゃん! 強いのは知ってる。でも僕も昔のままじゃないんだ! 勝つ為に全力で! “Plus Ultra"!!

僕のヒーローアカデミア 2 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 能力系漫画で仲間の能力がドンドン判明してくる辺りは本当に面白い。

  • 登場したばかりの頃は、相澤先生のことを好ましく思っていなかったが、相澤先生の見せ場があり、好きになった。大好きなキャラの一人である、梅雨ちゃんも活躍。

  • 一巻に比べ、デクくんの状況把握に努める頭脳派な面が出てきました。爆豪くんも、強くなるために彼なり成長をしていることを感じさせる場面があり、短い期間の中で彼らに色々な葛藤があってそれを自身に反映させていることが伝わってきて胸が熱いです!
    そして、この巻からいよいよ敵が出てきましたが敵のキャラデザがとても良い……ヒーローと敵の性質の違いを違いを描き分けていて、敵側の恐ろしさがヒシヒシと伝わってきました。

  • 信じる事が一番難しい…それが出来てる出久は強い子になれるに決まっている。

  • 2巻最初の授業は、戦闘訓練。出久のコスチュームの笑顔マスクが、カラクリの仮面と同じ理由だ。理想と憧れの笑顔マスクが、哀しみと謝罪の笑顔マスクになりませんように。

    次の授業は救助訓練。そこでヴィラン襲撃という事件発生。
    ヘタレの峰田クン頑張ります。ポップやポロン、ウソップのように、ヘタレが何かのきっかけで、あこがれの自分へと踏み出す瞬間って、とても好きです。そういうキャラ大好きです。踏み出せずに憧れを語るだけで終わらず、ぐちゃぐちゃでカッコ悪くても一歩を踏み出すという行為。それ自体がかっこいいのですよ。

  • ついに始まります「戦闘訓練」。やっぱ緊張するけど、皆に負けない様に頑張ろ…って、えっ、訓練の相手ってかっちゃん! 強いのは知ってる。でも僕も昔のままじゃないんだ! 勝つ為に全力で! “Plus Ultra"!!(Amazon紹介より)

  • レンタル

  • プレゼント・マイク(30)
    ↑この表記が凄まじく滾る………。

    個性で酔ったお茶子の背中をさすってあげる飯田めっちゃ優しい……

  • かっちゃんの初期設定に衝撃を受ける。
    轟くんが自分を子どもって言ってるところと大人に対してしっかりしろよ大人だろって言ってるところがものすごくツボ……

  • スタートライン、爆豪の。
    を読んでだいぶかっちゃんが好きになった。
    アニメ観てから漫画を読んでいるのだけど、アニメでもここらへんでやっとかっちゃんを好きになってる。
    あと上鳴くんがだいぶ好き。語彙力がすごい。アホになるのもかわいい。

全47件中 1 - 10件を表示

僕のヒーローアカデミア 2 (ジャンプコミックス)のその他の作品

堀越耕平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕のヒーローアカデミア 2 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする