暗殺教室 13 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.09
  • (74)
  • (99)
  • (50)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1141
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088803173

作品紹介・あらすじ

殺せんせー暗殺に成功したその先は? 進路相談を行う事になったE組だが、渚は自分の才能の事で迷っていた。そして帰宅した渚を待っていたのは…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに来た、親の抑圧をどうするか回。
    「養ってやってるんだから言うことを聞け」って、親→子供とか夫→専業主婦とかでよく出てくる言葉だけど、最悪だよね!

  • ビッチ先生がすっかり萌えキャラに…! いや、これまでも別方向で萌えキャラだったけどさw

    死神戦もスリリングかつバトル風味で面白かったですが、正直渚の進路相談が更に驚きでした。
    まさか彼の"才能"を肯定的に受け止めるとは…これはかなり凄い事です。
    必ずしも道徳や倫理を軽んじてるわけではないでしょうが、それを盾(論拠)に否定することもない。ただただ現実を冷静に見据えてベストな選択をできるようアドバイスをする…本当にフィクションでしかありえない見事な進路指導です。

    それにしたって変装のやる気のなさは爆笑するしかなかったけどw

  • 最新刊。イリーナ先生の安物服可愛い。露出多いよりも色っぽいって可愛いな、もう。そして渚君の家庭はあんななんだ…。確かに生まれてそこそこ育ってくれて満足、なら平和なんだけどな。官僚が政治を動かすって…カルマ君色々と不穏な感じだよ…

  • そういえば、実写版も公開されましたね。
    ポスターでは微妙な感じですが…どうなんだろう?
    作中では進路指導なども始まり、渚くんのお母さん登場。
    そういやこの作品、意外にこれまで「親」の影なかったなぁ。
    「卒業」まであと4か月。今後の展開が気になりますw。

  • 毒親会も素晴らしかった。
    自分の中で金八先生が教師ナンバーワンだったが、殺せんせーも素晴らしい。

  • ●進路相談編。

  • ビッチ先生の過去、渚の母。暗殺とは心理戦を踏まえた、相手を手なずける手法と言える。

  • 【あらすじ】
    殺せんせー暗殺に成功したその先は? 進路相談を行う事になったE組だが、渚は自分の才能の事で迷っていた。そして帰宅した渚を待っていたのは…!?

    【感想】

  • からすま先生かっこよすぎでしょ。ピッチ先生可愛い。

  • 死神、絶対勝てないと思った!
    わーパチパチパチパチ

    渚くんママはやばいけどそれでも愛してほしくて罪も許せるのは子どものサガか。

    イメチェンビッチ先生めっちゃかわいい。

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 13 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

暗殺教室 13 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする