暗殺教室 13 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.09
  • (74)
  • (99)
  • (50)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1140
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088803173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビッチ先生がすっかり萌えキャラに…! いや、これまでも別方向で萌えキャラだったけどさw

    死神戦もスリリングかつバトル風味で面白かったですが、正直渚の進路相談が更に驚きでした。
    まさか彼の"才能"を肯定的に受け止めるとは…これはかなり凄い事です。
    必ずしも道徳や倫理を軽んじてるわけではないでしょうが、それを盾(論拠)に否定することもない。ただただ現実を冷静に見据えてベストな選択をできるようアドバイスをする…本当にフィクションでしかありえない見事な進路指導です。

    それにしたって変装のやる気のなさは爆笑するしかなかったけどw

  • そういえば、実写版も公開されましたね。
    ポスターでは微妙な感じですが…どうなんだろう?
    作中では進路指導なども始まり、渚くんのお母さん登場。
    そういやこの作品、意外にこれまで「親」の影なかったなぁ。
    「卒業」まであと4か月。今後の展開が気になりますw。

  • 月を破壊し、来年3月に地球をも爆破すると予告した怪物の暗殺が成功しないまま、早くも1学期が過ぎた。プロ級の暗殺技術を持った「エンドのE組」の生徒たち。「死神」に翻弄される烏間の運命や如何に。

  • 主婦になれるかどうかは一流の職人のような家事能力を持っているかではなくて相手がいるかなんだから、彼氏のいない主婦になりたい女の子に君ならなれるみたいなこと言っちゃダメだよ殺せんせー。たとえ主婦の適性を備えていても結婚できなきゃ主婦にはなれないんだからさ。…なんてことを考える私はもうジャンプコミックスを読む年齢じゃないんだろうな。

  • 中学生ならではの葛藤にも対応する殺せんせー。本物の教師だね。殺せんせーと共存する道はないのか。地球爆破なんてやめちゃえばいいのに。

  • 「死神」編ラスト。烏間先生や…超人的すぎる…笑 学園祭編も入った。学園祭編好き!

  • 死神編終わり。烏間先生においしいとこ持っていかれたね、殺せんせー(笑)触手とトマトジュースの展開にウケたけど。めっちゃ烏間先生を心配してしまった。
    そして進路相談と渚くんの話。渚くんがあんなにも女の子っぽいのにはやっぱり理由があったんだね。母親強烈。渚くんが自分自身で我が道を選んでいけるようになって良かった。
    季節は秋になり、次巻は秋の実りをふんだんに使った料理で学園祭の売上上位を目指すことになる。

  • 私も渚くんのお母さんみたいな時があるとドキッとし、14巻を読んで...(内緒)。

  • 旬です!暗殺教室。

  • E組が成長してるなあ、と感じるから続きが気になって仕方がない。
    ビッチ先生可愛い。

著者プロフィール

松井優征(まつい ゆうせい)
1979年生まれ、埼玉県出身の漫画家。2001年に「ラビングデッド」で第51回天下一漫画賞審査員特別賞受賞。
2004年に 「魔人探偵脳噛ネウロ」で第12回ジャンプ十二傑新人漫画賞準入選。同時に漫画家デビューを果たす。テレビアニメ化もされた代表作の一つとなる。
2012年、『週刊少年ジャンプ』31号から『暗殺教室』を連載開始。恩師を殺すことが最終目的、という設定から極めて高い人気を誇り、アニメ化、実写映画化される大ヒット作・代表作になった。

暗殺教室 13 (ジャンプコミックス)のその他の作品

松井優征の作品

ツイートする