僕のヒーローアカデミア 3 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.17
  • (83)
  • (82)
  • (43)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1055
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088803357

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒーロー科が学年で2クラスしかないのなら、上級生の出番も欲しいところ。

  • 前巻からの引きがあるので、体育祭などもあれど
    「ガクエン」的なムードは今ひとつな感じ。
    でも、向上心とかライバル心とか嫉妬とか野心とか、
    それぞれいろいろな「若さ」があふれててマブシイです。
    デクくんもちょっと主人公らしくなってきた。がんばれ(≧▽≦)

  • 「ヒーローとは常にピンチをぶち壊していくもの!」

    オールマイト強っ。

  • 体育祭に燃えるお茶子に、理由は分からないけどとりあえず拳突き上げて賛同してくれる1-Aのみんな優しすぎる。好き。

  • 当初あんまり注目してなかった生徒たちの戦闘服だけど、連載長期化したりゲーム展開で目にする機会増えてくると、意外と愛着が出てくるものだなぁ。

  • はやくも死人がでるかとヒヤヒヤしたわぁー!「ワンピース」みたいに、笑いあり、ハラハラあり、キャラいろんなのありで、全然飽きない。

  • ようやく主人公が活躍してきた?!
    そろそろ大活躍してスカッとしたいところ

  • ジャンプで一番キャラの目が生きているのがこの漫画かもしれない。
    梅雨ちゃんにこれからもどんどん活躍させて欲しい。

  • 少年誌で一番気になる作品。王道一直線。
    敵の不気味な感じ、無邪気な悪意こわわ。

    個性的なキャラクター、やっぱり梅雨ちゃん可愛い。

  • 18禁先生の胸のあたりの肌色が服か肌か気になって仕方ないです。

著者プロフィール

堀越 耕平(ほりこし こうへい、1986年11月20日 - )は、日本の漫画家。愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。
東邦高等学校卒業 名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースに進学する。在学中、読切『ヌケガラ』で第72回(2006年下期)手塚賞佳作を受賞した。卒業前に読切『テンコ』を『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに掲載してデビューを果たし、さらに『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を掲載した。

僕のヒーローアカデミア 3 (ジャンプコミックス)のその他の作品

堀越耕平の作品

ツイートする