ワンパンマン 8 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : ONE 
  • 集英社
4.12
  • (55)
  • (70)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 833
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088803821

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 話が大きくなればなるほど、
    主人公が物語の中心から外れていく不思議な作品(笑)。
    キングくんがこれから大成長して再登場するのかどうかが
    この巻の一大興味事項ですね〜。
    そして、ようやく登場の「内側からの悪役」。彼にも期待。
    しかし、出版ペースを整えるためなのか…
    外伝収録はいいけど、本編のボリューム少なくない?(^^;

  • 地上最強とよばれる男キング。その彼の実力のほどは…。
    ま、それは読んでもらえばわかります。

    ジェノスの復讐譚はいつ始まるのか。今回のロボットがその始まりなのか?メタルナイトが怪しいという伏線あるけど、それがどう絡むのか。
    さてさて。

  • 真のヒーローではないヒーロー・キングが登場。ヒーロー協会っていい加減過ぎるっ! 果たしてキングは強くなって帰ってくるのか? 災害レベル神対策で集められた有象無象の中にいたガロウが、番外編の道場破りで出てきたが、もはや単行本のオマケ漫画というより、物語の鍵となる作品になっていそうだ。

  • S級ヒーローのキングが実は… ビックリだったわ。諭すでもなく怒るでもなく、そのまんまなサイタマがかっこ良すぎる。またもや危なそうなキャラ・ガロウが出てきましたが、彼がバング先生の弟子だった子なのかな? うーん、いかにも悪そうな子だわw 感謝、感謝のお借り本。

  • 単行本を開いたら、キングが携帯ゲーム機を持ってたから「なんで?」と思ったけど読んで納得。
    ジェノス周りやガロウなど、今後の展開に影響しそうな描写がチラチラとあって、次巻以降も楽しみ!

  • 伝説のキング。実はヘタレだったという話。鳥山明に出てきそうなキャラ。絵柄だけでなくキャラも似ている。後はネコの捜索の話と道場破り。目の治療をして画質をキチンと見ることができて嬉しい。

  • キングさんの話からの、ガロウ編はじまるよー。キングさんは弱いけど、なんか持ってるよな! 今後どうなるのかしら。鍋の話、よかった。

  • 表紙の帯を外して笑った!キングさん、最高そしてセコい。
    サイタマ、器デカイな~~。
    今回も楽しめました!

  • テンポ良くって笑える。キングもだけど、本当にみんなキャラ濃いな。
    カニ鍋の話が好き。

  • 笑わせてもらった。祝アニメ化!

著者プロフィール

村田 雄介(むらた ゆうすけ)
1978年、熊本県生まれ。転勤族の家庭だったため全国を転々としており、一番長く滞在したのは宮城県。
中学生時代、アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』および『ロックマン5 ブルースの罠!?』の企画「ボスキャラ募集」に応募して、ダストマン、クリスタルマンが採用。1995年「パートナー」でホップ☆ステップ賞入選、1998年「さむいはなし」で第51回赤塚賞準入選。
代表作は『アイシールド21』(作画)、『ワンパンマン』(作画)。両者ともにテレビアニメ化されている。

ワンパンマン 8 (ジャンプコミックス)のその他の作品

村田雄介の作品

ツイートする