黒子のバスケ Replace PLUS 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
制作 : 藤巻 忠俊  平林 佐和子 
  • 集英社
3.53
  • (3)
  • (13)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088804149

作品紹介・あらすじ

帝光中学バスケ部マネージャー・桃井さつきは、同級生部員の黒子テツヤが気になっていた。存在感が薄く超地味な黒子に抱く想いとは…!? 他、海常高校の物語も収録した漫画版「Replace」シリーズTip off!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【マワシヨミジャンプでGET】
    ちゃんと読んだの初めてだったけど、現実離れした個のキャラ設定が独自性を生み出しとらす。本編読む。

  • 『黒子のバスケ』のスピンオフということで、試合のシーンとかは少ないけど、キセキの世代の中学校時代の話や、他チームの過去を掘り下げてた。
    『黒子のバスケ』とは実質作者が異なっているので、画のタッチは微妙に異なっている。

    笠松「おっぱーーーい!!」www

  • ジャンプ+で読んでいる漫画。海常の合コンの回が1番面白かった。

  • 中学生の、しかも仲良し時代なので、清々しい雰囲気。部活以外のところは普通の中学生だなぁ。いや、ちょっとませているかな。テツはたしかにいい感じ。桃井さんの気持ちちょっとわかる。二人にはこの後も進展はなさそうだけど。帝光バスケ部のこれからの成長も描かれていくならとても楽しみ。

  • 帝光中学時代のお話で、ほんわかギャグな一冊。
    こういう作品は同人だけで結構満腹なので、公式で出されても…って感じが致します。
    ただ、本編よりも女子が好きな展開でした。

  • 微妙…
    森山は輝いてた

  • 笠松くん崩壊(笑)キセキの世代が笠松くんのセリフ1つで完全に食われた感じがする!

  • ノベライズのコミカライズ。…正直、書いてて何だそれだけど、小説苦手な人にはいいかも。帝光中時代の皆で下校する話と、海常の合コン話。桃井が可愛くて、笠松がひどいw

  • 【借り本】
    小説に忠実

  • 黒子のバスケ、スピンオフ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1962年生まれ。大阪教育大学助教授。専攻は教育社会学。共書に『教育現象の社会学』(世界思想社)、『歴史社会学のフロンティア』(人文書院)など。

「2005年 『ブルマーの社会史 女子体育へのまなざし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒子のバスケ Replace PLUS 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

高橋一郎の作品

黒子のバスケ Replace PLUS 1 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする