終わりのセラフ 9 (ジャンプコミックス)

制作 : 鏡 貴也 
  • 集英社
3.63
  • (12)
  • (23)
  • (37)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 363
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088804729

作品紹介・あらすじ

名古屋での作戦中、人質となった仲間を救うべく行動する月鬼ノ組だが、対する貴族クローリーの強さは圧倒的…。優一郎も参戦するが、グレンまで深手を負って囚われてしまう。グレンを見捨てられない優一郎は!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グレン「生きてりゃやらなきゃいけないことでいっぱいだ。
    飯食って、クソして寝なきゃいけないしな。
    でもそれでもある日、ここで立ってりゃ誰かに必要とされる日がくるかもしれない。」



    優「吸血鬼を殺すために他に一体何がいるってんだよ!!?」
    グレン「守るものだ」
    優「あ?」
    グレン「友達、仲間、家族、なんでもいいがーー。
    まずはそれを見つけろ。
    じゃなきゃもう、お前は強くなれない」



    グレンを助けるために薬を飲んだ優。

  • 名古屋の人質奪還作戦開始。
    大変そうなミッション。

    ピンチになっても、無茶すれば、それなりに乗り切れるパターンのマンガ。

  • とっとと再会しろー!とだんだんイライラしてきたw再会すると見せかけて長すぎ!

  • ゆうちゃんとかぐれんとかまったくきょうみないからほしさん…
    ちょこっとみかがとうじょうしたからほしさん…


    一回通しで読んでサックリ終わった巻でした。

  • 相変わらず陰謀まみれの世界。
    吸血鬼と人間の間には陰謀でも張り巡らせない事には覆せない絶望的な戦力差があって―。
    …ってのはわかるんですが、それにしては人間側にいいようにさせすぎかなぁ、吸血鬼。
    いかに家畜扱いとはいえ、こうまで自由にさせては…この辺が強者ゆえの慢心なのかしら。

    ともあれ、表紙の三葉可愛い(そこか)。
    三葉はもうチョイ見せ場ないもんかなぁ。どうにも蚊帳の外なのが残念(設定的にメインストリームに絡めない)。

    折角ちびっこ巨乳ミニスカなのに。

  • 優がグレンを助けるためにとても必死で、鬼化まで・・・。
    それでもグローリーの力はそれ以上。
    次巻はミカエラと優一郎の再会かな?
    番外編は「優とグレン」
    復讐復讐言っていた優が守ることを覚えた!
    勇気を出して女の子を守った優を褒めてあげたい。

  • グレン様。。

  • ぶっちゃけグレンさんはそれほど好きなタイプの人ではないんですがちょっと可哀想。でも軍の方も吸血鬼を生体実験とか好き勝手やってるからお相子かな。
    グレンとユウちゃんの過去話はもう少し前にやっていた方が彼らの信頼関係がどれほどのものだったか推し量れたので良かったかと思う。もっとギスギスした関係なのかと思ってた…。とは言えまだグレンにはなんだか薄暗くて汚い所がありそうなんだよなあ…

    という訳で次の巻が楽しみ。シノアちゃんの活躍が!!

  • 今回グレン、深夜、君月がかっこよかったです♪

    深夜がグレンを残して撤退する決断をしたときの苦渋の顔。
    萌えた。。。

    君月が優ちゃんを姫だっこしてるのもビックシ萌えた。。。

    ミカも登場したことだし、次巻がめちゃめちゃ楽しみだー!

全12件中 1 - 10件を表示

終わりのセラフ 9 (ジャンプコミックス)のその他の作品

山本ヤマトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

終わりのセラフ 9 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする