ワールドトリガー 14 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.26
  • (45)
  • (47)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 490
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088806297

作品紹介・あらすじ

迅を玉狛第2に勧誘する修!! 大胆な行動の裏には秘めたる想いがあった!! 一方、ボーダー本部では、上級部隊隊長による緊急防衛対策会議を招集!! 大規模侵攻の爪痕が残る中、近界から迫る新たな脅威とは!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 淡々と事態が進行していて面白い。修の成長も楽しみだー。あと、陽太郎とヒュースが可愛かった。ヒュースは何か食べてるコマが多い気がする。

  • なんだかんだ木虎がいちばんの
    修の理解者なのかもなあ…
    このまま主人公が急激に強くなることなく
    弱いなりに頭を使って闘うスタンスを
    続けて欲しい
    影浦隊とヒュースがかわええよう

  • 木虎の素直じゃないけど悪い人じゃない、ちゃんと三雲君のことを考えたアドバイスは葦原さんらしく。
    新たな侵攻篇、楽しみです。

    鳩原さんは、BBF見てみても、かなり重要な、貴重な立ち位置だったんだなぁ。

  • 自分にできることはないか必死に探す修を応援したくなる。
    木虎に教えてもらったトリガーで遊真の力になれればいいな…!
    迅さんはチームに入ってもらえなかったけど、ヒュースが入るかもしれないと考えると少し楽しみ。
    目標は遠征艇、続きが読みたい。

  • 木虎はいい!

  • コミック

  • 心臓に悪い展開が続く……ランク戦でほのぼのしてるかと思いきや、そりゃネイバーとの戦いは終わってないわな。
    修も頑張ってヒントをもらって開花するきっかけを掴みかけてるけど、どうなるのかな?ランク戦続行かと思ったけど本部が狙われてたら駄目か?!

  • ランク戦の横で、再び敵に侵攻されているボーダー達。どうしよう、人数が増えすぎてちょっと間を開けるとほんとに誰が誰だかわからないよ・・・。今回は敵も普通の人間の姿してるもんだから(前みたいに角がない)ほんっとただの先輩なのか的なのかページをめくった瞬間わからない。ストーリーは面白いんだけどね。でも、もしかしたらメインターゲットの世の子ども達はこんなの屁でもないのだろうか。。

  • -

  • 陽太郎かっこよすぎ

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葦原大介(あしはら だいすけ)
1981年、東京都生まれの漫画家。岡山県育ち。高校卒業後はアルバイトをしていたが、第75回手塚賞で『ROOM303』が準入選し、2008年『週刊少年ジャンプ』掲載、漫画家デビュー。2009年『賢い犬リリエンタール』で初連載。
代表作に2013年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『ワールドトリガー』。2014年、アニメ化された。度々の休載を挟んでいるが、2018年、『ジャンプSQ』での連載再開が告知された。

ワールドトリガー 14 (ジャンプコミックス)のその他の作品

葦原大介の作品

ワールドトリガー 14 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする